Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

育児・教育コラム

1歳前後の子供とお出かけするときの持ち物リスト

投稿日:2018-01-03 更新日: 2018-01-11

育児中は外出するのも一苦労。
何かと持っていくものが増えますね。

今日は1歳前後のお子さんとお出かけするときの持ち物リストです。
 
 
 

紙オムツ

 
育児では必ずといっていいほど必要な紙オムツ。
うっかり忘れると大変なことに。

「出先で買えばいいや」と思っても、紙オムツって意外とコンビニなどでばら売りしていないものです。

子供と出かける際は、3枚程度は常に携帯しておきましょう。
 
 
 

おしりふき

 
オムツと同様、おしりふきも必須。
トイレに流せるタイプが便利ですが、割高なので流せない普通のタイプで充分でしょう。

トイレに流せても、どっちみちオムツは持って帰らないといけません。
あるいは、オムツを捨てる場所があるなら使ったおしりふきも捨てることができます。

トイレに流せるタイプは一見便利そうですが、実は流せなくても案外困らないものです。

それよりは、安くてたっぷり使えて厚手のものを選んでおいはほうがgood。
 
 
 

ビニール袋

 
使ったおむつやおしりふき、食べかすなど小さい頃は何かとゴミが出るもの。
ビニール袋も必須でしょう。

衛生的な物を準備しておけば、ゴミ袋としてだけでなく子供の食べかけのお菓子などを一時的に入れておくのにも役立ちます。
 
 
 

ウェットティッシュ

 
なんでも触る、すぐに汚れる子供の手はこまめに拭いてあげたい。
寒い時期はインフルエンザなども心配ですしね。

おしりふきとも共通しますが、あまり大容量すぎるだとて使いきる前に乾いてしまうので、「3個パック」などほどほどの枚数で分けて入ってあるものを買っておくと便利です。
 
 
 

水筒

 
水分補給は大事。
子供用には小さい水筒でいいので持参をおすすめします。
喉が渇くたびに外でペットボトルを買っていてはもったいない。

また、授乳中のお母さんなら授乳で水分をとられて喉もすぐに乾きます。
子供と兼用、あるいは子供用、親用で水筒があると便利。
 
 
 

エプロン

 
食事の際のエプロンも。
外食の際、お店によってはエプロンがない可能性もあります。
 
 
 

タオル

 
汚れたときや、汗をかいた時、あるいは水筒のお茶や水をこぼしたときに。
 
 
 

まとめ

 
・オムツ(3枚)
・おしりふき(1パック)
・ビニール袋(数枚)
・ウェットティッシュ(1パック)
・水筒(かさばらないもの)
・エプロン(1枚)

このあたりはオールシーズン役に立つでしょう。

また、季節によっては
・着替え(肌着など)←夏場
・日焼け止め ←夏場
・タオル(防寒や寝たとき) ←冬場

などがあると重宝します。

外出時の育児道具は、バッグインバッグなどにまとめて、取りこぼしがないようにしておくと便利です。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
統計的に優位な「しつけ」の仕方

子供は何歳から嘘をつくのか?① ~誘惑のパラダイムの実験~

小学生は11時間。年齢別「必要な睡眠時間」

-育児・教育コラム

関連記事

子供と接する時間は1日何時間?

子供と接する時間は1日あたり、普通どのくらいなのか? 子供と接する時間が大切なのはわかっていても、仕事や家事など他に時間を割かないといけないことも多い。 育児をしていると、自分がちゃんと子供と向き合え …

【Q&A】色の名前がわかるのは何歳ですか?

Question 色の名前がわかるのは何歳ですか?     Answer 3~4歳頃です。       色と色の名前が結びつく   色を理解 …

【屋外編】ブランコ3歳、かけっこ4歳。いろんな遊びの適齢期

赤ちゃん・子供は成長に従っていろいろな遊びができるようになっていきます。 基本的に、親は子供の遊び方にとやかく言う必要はありません。 子供は成長の中で、自然と自らいろいろな遊びに挑戦していくものです。 …

子供が食事を残したり、落ちつかないのはどうすればいい?

食育という言葉がある通り、毎日の食事の時間も子供にとっては成長と学びの場です。 食事は「習慣を作ること」を念頭に取り組んでいきます。     【目次】 1. 小分けにつぐ 2. 完 …

今日あったことを子供と話そう。それが子供の発達を促す。

日頃の親子の会話から、子供の成長がわかることもあります。 今日あったことを話す習慣は、子供の言語発達を促します。     【目次】 1. 今日あったことを話そう 2. 出来事を話せ …