Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

1スイッチで文字入力できるパソコンを低コストで導入する方法

投稿日:2016-11-03 更新日: 2017-05-10

重度障害者のための、1スイッチ操作可能なパソコン環境を作ります。

今回は自作なし。
既製品だけで環境構築してみます。
 
 
 
【必要な物】
<ハード>
・パソコン 30,000円
できマウス 12,000円
・スイッチ(ジェリービーンスイッチツイスト) 9,310円

<ソフト>
HeartyLadder(無料)

合計で5万円くらいです。
パソコンはワードやエクセルといったオフィスが入っていないパソコンを選ぶのがポイントです。
オフィスが入ると高いですし、HeartyLadder使うのでオフィスはほとんど使いません。オフィスなくてもどうとでもなります。
USBの差し込み口さえあればOKです。

できマウスはこの値段でしょうがないです。選択肢がないので。
ただ自作すれば2,000円くらいで済みます。

この中ではスイッチが一番割高です。
もっと安いのもあるので状況に合わせて各自判断を。

HeartyLadderは無料ソフトなので問題なし。
 
 
 
【環境構築】
各種機器を購入し、HeartyLadderをパソコンにインストール

HeartyLadderはできマウスをサポートしているので、設定もソフトの説明を見ながらやれば特に問題ありません。

ちなみにパソコンがすでにあって、各種機器の自作ができればたぶん3,000円くらいで導入できます。

-IT支援コラム

関連記事

主な意思伝達装置の種類 -2016-11-29

意思伝達装置といってもたくさんあって全部把握するのはたいへんです。 少し時間が経つと、もう販売中止になっていたりするので。 ということで、今日は意思伝達装置の中でも代表的なものを2016年11月版でお …

【特別支援教育】脳性麻痺児のためにはじめに揃えるスイッチと機器

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児の方の場合、読み書きや音読といった従来の勉強法が難しい場合が多々あります。 そのような際、学習方法の選択肢の一つとしてIT機器やスイッチを使った活動が考えられます。 し …

no image

スイッチと回路の仕組み

障害者のIT支援においてスイッチを自作する場面、あるいは自作できればなあと思う場面はたびたびあります。 そんなときは小中学校の理科の時間で習った回路図の知識が役立ちます。 まず基本的な回路は図のような …

電池ボックスにスイッチを取り付ける方法

スイッチで動くおもちゃやiPadタッチャーを自作する際に電池ボックスを改造することがあります。       【電池ボックスとは?】 電池ボックスとはその名の通り電池を入れ …

ジェリービーンスイッチツイストとは?

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児者や肢体不自由児者の活動においてスイッチを使うことがあるかもしれません。 スイッチの用途は主に ・パソコンやタブレットなどのIT機器の操作 ・操作しにくいおもちゃの操作 …