小児発達コラム 育児・教育コラム

6歳児の会話ってどんな感じ?~言語発達学より~

投稿日:2018-08-06 更新日: 2018-09-23

6歳児って、どんなことを話すのでしょう?
今日は6歳児の会話の特徴を考えます。
 
 

 
 
 

6歳児の会話ってどんな感じ?

6歳児の会話の特徴は、論理的な説明ができはじめる点です。

かいつまんで説明したり、筋道を立てて要約したり。

6歳頃になるとただ知っていることを話すのではなく、それを状況にあった表現に整えることができ始めます。

以下、6歳児の会話を詳しく見ていきます。
 
 
 

会話の質

個人差はあるものの、一般的には子供は
4歳になると文脈を意識した会話を始めます。
5歳頃には説明能力がずいぶんついてきます。
6歳頃には論理的な説明ができるようになってきます。

会話の質は単に文章の長さや語彙の多さだけではありません。
会話は相手がいてはじめて成り立ちます。
いかに相手を意識した内容を話せるかが会話の質につながるわけです。

6歳とは保育園や幼稚園の年長さんに相当する時期です。
6歳児の会話の質って、どんな感じなのでしょう?

幼児期の会話に着目した言語検査で、質問応答関係検査というものがあります。

上記検査を参考に、5歳児の会話の特徴をピックアップしてみます。
 
 
 

6歳児の会話の特徴

「認知していることを認知する」ことをメタ認知と言います。
「あ、今、自分は怒ってるなあ」といったことに気づけるのもメタ認知の力です。

要するにメタ認知とは客観視できる力です。

会話やコミュニケーションにはメタ認知の力が必要です。

「この話題は相手が興味なさそうだな」
「相手の機嫌が悪そうだから、親しげな話は控えよう」
などなど。

状況を客観視して、相手を配慮し、適切なやりとりをすることをメタコミュニケーションと言います。

5~6歳頃はメタコミュニケーションの力が芽生える時期です。

また、メタコミュニケーションができるということは、相手を意識したやりとりができるということです。

相手の状況に合わせて物事を丁寧に説明したり、逆に端折ったりして説明できます。

ただ話すのではなく、「要約して説明」できるようになるのです。

要約して説明できるためには、要点をおさえる必要があります。

6歳頃は論理的な説明ができはじめる時期です。
 
 
 

まとめ

以上のように、6歳になるとそれ以前よりずいぶんと巧みな会話ができ始めます。

6歳と言えば年長さん。来年は小学校です。
学習が本格的に始まる小学校に向けて、言葉の力もより一層ついてくる時期ですね。

しかしながら、言葉の発達というのは個人差があります。
あくまで参考程度に、そのお子さんそのお子さんにあったやりとりを楽しむことが大切です。
 
 
 

その他の記事

子供は自分の誕生日が何日かわかるのは何歳か?

幼児の読み書きの発達~親が子供に教えたら有意義なこと~

統計的に優位な「しつけ」の仕方
 
 
 

参考資料

『質問一応答関係検査1』(J-STAGE)2018年6月20日検索

『質問一応答関係検査2』(J-STAGE)2018年6月20日検索

-小児発達コラム, 育児・教育コラム