検査

ADHD-RSとは?~注意欠陥多動性障害の評価とチェック~

投稿日:2018-12-11 更新日: 2018-12-11

 
 

 
 
 

ADHD-RSとは?

ADHD-RSとは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の評価に用いられる尺度のことです。

質問紙の類いです。

18個の項目がありそれに答える形で注意欠陥や多動性の程度がわかります。
 
 
 

ADHD-RSの意義や位置づけ

他の発達障害や自閉症の診断と同様に、ADHDの診断は最終的に医師の判断によって行います。

そのため、
ADHD-RSの結果によって即ADHDかどうかの診断がつくわけではありません。

その一方で、もちろん医師の主観だけで診断ができませんので、

ADHDの診断に際して客観的な尺度として参考にするものというのがADHD-RSの位置づけです。

先述の通り、ADHD-RSは18項目の質問に答えるかたちで実施します。

  • ADHDという判断が難しい障害を客観的に評価できる
  • 不注意と多動性を分けてみることもできる
  • 実施が簡便で短時間で済む


といった点がADHD-RSの長所と言えます。
 
 
 

ADHD-RSの実際

対象年齢

5歳~18歳が対象です。

比較的幅広く使える小児分野の評価尺度といったところです。
 
 

所要時間

所要時間は10分くらいです。

各項目に答えてもらうので、その人がどのくらい考え込むかにもよりますが。
 
 

実施方法

用紙にそって項目に答えてもらいます。

18項目あります。

0点:ない、もしくはほとんどない
1点:ときどきある
2点:しばしばある
3点:非常にしばしばある

の4段階で答えてもらいます。
 
 

採点方法

ADHD-RSの項目は、「不注意」に関する項目と「多動性」に関する項目がそれぞれ9個ずつあり、これらの合計点がADHD-RSの得点になります。

先述の通りADHD-RSはあくまで診断や支援関しての補助的なツールですが、いちおう

14~16点以上がカットオフとなります。

つまり14~16点以上だと「ADHDかも?」となります。
 
 
 

まとめ

以上のように、簡便でありながら客観的な評価ができるADHD-RS。

注意欠陥・多動性障害という名の通り、不注意と多動性がまとめられがちですが、当然ながら

「不注意」の側目が強いお子さんと「多動性」が強いお子さんでは支援の内容が異なってきます。

ADHD-RSは「不注意」と「多動性」それぞれの得点も見ることができますので、対象のお子さんが日常生活に困っていて、その背景が「不注意」によるものなのか「多動性」によるものなのかを客観的に把握する際にも役立ちますね。
 
 
 

その他の記事

【検査】LCスケールとは?

CARS(小児自閉症評定尺度)とは?

津守式乳幼児精神発達質問紙とは?~0歳から7歳までの正常発達~

【検査】グッドイナフ人物画知能検査とは?
 
 
 

参考資料

『ADHD-RS』(国立保健医療科学院)2018年12月8日検索

-検査