Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

会話術 教訓

【会話術】なぜ相槌は相手の言葉を繰り返すほうがいいの?

投稿日:2018-03-17 更新日: 2018-03-17

人と会話をするときに、相手の言ったことを繰り返すとコミュニケーションがうまくいくことがあります。

なぜでしょう?
 
 

 
 
 

話が相手に届いているという手ごたえ感

A「昨日ね、すごくおどろいたことがあったの」
B「すごくおどろいたことがあったんだね」
A「そうそう。昨日買い物してたら鈴木さんとばったり会ってね」
B「鈴木さんとばったり会って?」
A「そしたらね・・・

相手の言ったことを部分的に繰り返しながら相槌を打っています。
オウム返しですね。

人は他人に自分の話を聞いてほしいものです。
オウム返しの相槌は、自分の話が相手に届いているという手ごたえを感じることができます。

だから人はオウム返しの相槌をしてもらえると心地よく、自分の話したいことを話せたと満足します。
 
 
 

同じ語彙

人は誰かに共感してもらいたいものです。
だから人は他人に自分との共通点や似ているところがあると嬉しくなります。

言葉もそうです。
自分と同じ考え、同じ口調、同じ語彙だと共感でき嬉しくなりますし話しやすいです。

オウム返しの相槌をすることで、自然と互いの語彙が一致します。

そのため相手は心地よく話すことができます。
 
 
 

そっくりそのまま繰り返さない

オウム返しの相槌をするときは、そっくりそのまま繰り返さないように注意します。

全部を真似すると不自然になります。
ただそっくりそのまま繰り返すだけなら、話の内容や文脈を理解していなくてもできてしまいます。
話す側も、それがわかるのです。

話聞いた上で繰り返しの相槌をします。
 
 
 

適度に相手の言葉を繰り返しながら相槌を打つ

人は他人に自分の話しを聞いてもらいたいものです。
それは時として「ただ聞いて欲しいだけ」のときがあります。

アドバイスや意見を求めているのではなく、
ただ愚痴だったり、ただ共感してほしいだけのときもあるのです。

でも、相手がきちんと聞いているという手ごたえも欲しいのです。

そういうときは、適度に相手の言葉を繰り返しながら相槌を打ちます。

同じ語彙を使い同じ表現をすることで、相手は共感を得ることができ「話を聞いてもらった」という満足感を得ることができます。
 
 
 

その他の記事

会話における異性の感じ方の違い。男女間の会話術

真似るは学ぶ。聞き上手が実践している模倣術

人の話をまとめたがる男は聞くのが下手

良い「聞き手」に必須な「7つの相槌」

-会話術, 教訓

関連記事

人から物を借りるときに気をつけること

人と助け合えるというのはいいことです。 物を貸し借りできるというのは、助け合える人がいるということでもあります。 物の貸し借りはマナーを守れば互いを助け、人間関係を深めます。   &nbsp …

【教訓】他人の悪口や陰口を真に受けない

陰口や悪口を言うことは一般的には良くないこととされています。 しかしながら、陰口や悪口を言う人は世間に一定数はいます。     【目次】 1. 悪口とは? 2. 陰口とは? 3. …

「文脈をしっかり伝える」ことは会話で誤解を受けないために必要

人と良好な人間関係を築ける力は充実した人生を歩むためには役に立ちます。 そのためにもコミュニケーション能力は重要なわけですが、コミュニケーションに苦手意識を持つ人も多いのではないのでしょうか? &nb …

あなたを「空気を読めない人」にする要因7選

会話において、何気ないことで「この人は空気を読めない」と判断されてしまうことはよくあります。 今日は会話における何気なくしてしまう空気を乱してしまうことを挙げていきます。     …

【教訓】月曜日が憂鬱なとき

休み明けの仕事は気分がのらないことがあります。     【目次】 1. 月曜日の憂鬱 2. 目の前のちょっとした行動 3. 具体例 4. まとめ 5. その他の記事   …