恋愛

男と女で違う発達障害者の恋愛~異性とのソーシャルスキル~

投稿日:2019-03-24 更新日: 2019-03-24

 
 

 
 
 

男女で違う発達障害者の恋愛

人にもよるでしょうが、
発達障害者の場合、その障害特性ゆえに恋愛で悩むこともあります。

男女ではその悩みと言うか、「恋愛における課題」みたいなものが微妙に異なっていて、

男性はいかに「恋人を作れる社会性を身につける」ことが重要になりがちで、

女性はいかに「自分の身を守った節度ある恋愛ができるか」が重要になってきます。

 
 
 

発達障害でも女性は男性より恋人ができやすい?

現実問題として、発達障害の特性があっても女性は男性より恋人を作りやすいです。

アスペルガーやADHDの特性として俗に言われる「空気が読めない」や「不注意」は、見る人から見れば「天然ちゃん」に見えます。

「天然ちゃん」が好きな男性は世の中にけっこういます。

一方で、女性は男性に「常識的な言動」や「しっかりと引っ張って行ってくれる」ことを求める傾向があります。

ゆえに、
ただ恋人を作るだけなら発達障害者は男性より女性のほうがハードルが低いです。

 
 
 

男女別の恋愛のソーシャルスキル

先述の「ただ恋人を作るだけ」というのは、
要するに「付き合ってもすぐ別れる」とか「お金や体だけの関係になってしまう」ということを指します。

女性の場合、恋人を作ることより、「その関係性をより良いものに維持する」ことが重要になってきます。

全員とは言いませんが、少なからず男性の中には付き合ってもすぐ浮気したり、体だけの関係を求める人もいます。

相手のことが好きであっても、ダメなものはダメと線を引ける意思の強さと言うか、自分の気持ちを伝える上手さが必要です。

これに対し男性は、まず「恋人を作る」段階でつまずく人が多い。

要因はいろいろあるでしょうが、端的にいうと「空気が読めない」からです。

発達障害の男性が恋愛を上手く成就させたいと思うなら、

場や人の空気の読み方を学び、それに沿った言動をする。

あるいは、

自分の「空気の読めなさ」を相手に好意的に理解してもらえるように、自分を小出しにして時間をかけて関係を構築する。

 
 
 

まとめ

発達障害ゆえに恋愛において悩んだ場合、

男性はいかに「恋人を作れる社会性を身につける」ことが重要で、

女性はいかに「自分の身を守った節度ある恋愛ができるか」が重要になってきます。

女性の場合、
相手のことが好きであっても、ダメなものはダメと線を引ける意思の強さと言うか、自分の気持ちを伝える上手さが必要です。

男性の場合、
場や人の空気の読み方を学んだり、
自分の「空気の読めなさ」を相手に好意的に理解してもらえるように、自分を小出しにするテクニックが有効です。

 
 
 

その他の記事

知り合ってからどのくらいで告白したほうがいいのか?

LINEのやりとりの終わり方~トークのやめどきがわからない~

告白の成功率を上げるためにすることは?~研究論文より~

-恋愛