恋愛

発達障害の女性が恋愛で気をつけること~ADHDやアスペルガーのソーシャルスキル~

投稿日:2019-03-07 更新日: 2019-03-07

 
 

 
 
 

発達障害の女性が恋愛で気をつけること

発達障害の障害特性はいろいろありますし、その種類と程度も人それぞれでしょう。

しかしながら一般的には例えば「空気の読めなさ」とか「不注意さ」とか「こだわりの強さ」といったことがよく挙がるのではないでしょうか。

このような背景を考えると、

発達障害の女性が恋愛において気をつけることは

  • 自分や他者の失敗に対しおおらかになれること
  • 恋愛関係においても自分の体を犠牲にするようなことはしないこと


といったことがあるかもしれません。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

自分に合った自分のキャラを作る

先述の通り、社会生活を行う際に発達障害の特性を持っていると場合によっては
「空気が読めない」
「不注意」
「こだわりが強い」

といった評価を周囲から受けることがあるかもしれません。

これは一見すると短所のように見えますが、
自分の立ち位置を工夫することで、障害特性を「キャラ」にすることができるかもしれません。

具体的には、
「空気が読めない」→「天然でおもしろい」
「不注意」→「うっかりさん」
「こだわりが強い」→「(不器用だけど)真面目」

ということ。

人にもよるでしょうが、
「空気が読めない」で悩んでいるなら、「空気が読める」キャラになるより「天然ちゃん」としてキャラ構築したほうが楽だったりします。

つまり、
自分の特性と真反対のキャラになるよう努力するのではなく、自分の特性が明るみに出てもダメージが少ないキャラを周囲に浸透させておく方が何かと効率がいいです。

 
 
 

穏やかでありながら、自分を持つ

自分や他者の失敗に対しおおらかになれること

このように考えると、自分が「空気が読めなかったり」「不注意で」ミスをしたとき、「もう○○さんはうっかりだなあ~(^ ^)」と周囲が笑って許してくれるような空気感を作りたいものです。

そのためには、
自分自身も他者の誤りにおおらかでないといけません。

人のミスを責めていれば、自分がミスしたときも批判されます。
人のミスを受け止めてあげれば、自分がミスしても受け止めてくれる「かもしれません」。

 
 

恋愛関係においても自分の体を犠牲にするようなことはしないこと

このように、他人や自分に対しておおらかになれることは大切です。

しかし
恋愛においては相手に流されるのではなく自分の意思をはっきりと伝える必要も出てきます。

相手を尊重しつつも、自分を持った恋愛ができないと、その恋は「一時の関係」だったり「身体だけの関係」になりがちです。

基本的には、
恋愛関係において自分の体や財産を犠牲にするような相手の申し入れは受けないことです。

具体的には非常識な性行為や、お金の借入です。
 
 
 

まとめ

先述の通り、社会生活を行う際に発達障害の特性を持っていると場合によっては「空気が読めない」「不注意」「こだわりが強い」といった評価を周囲から受けることがあるかもしれません。

そんなとき、
自分の特性と真反対のキャラになるよう努力するのではなく、自分の特性が明るみに出てもダメージが少ないキャラを周囲に浸透させておく方が何かと効率がいいです。

発達障害の女性が恋愛において気をつけることは

  • 自分や他者の失敗に対しおおらかになれること
  • 恋愛関係においても自分の体を犠牲にするようなことはしないこと


といったことが考えられます。

まあ、人の特性は十人十色で、一概には言えないかもしれませんが。あくまで目安として。

 
 
 

その他の記事

【暗黙のルール辞典】世の中には、こんな「暗黙のルール」があるんだよ。

【暗黙のルール辞典】人との会話で言ってはいけないこ

空気を読む方法。場を察するのが苦手な人~発達心理学より~

知り合ってからどのくらいで告白したほうがいいのか?

LINEのやりとりの終わり方~トークのやめどきがわからない~

告白の成功率を上げるためにすることは?~研究論文より~

ポール・グライスの会話のルール「協調の原理」

-恋愛