Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

発達障害 診断

自閉症スペクトラム(ASD)とは?

投稿日:2016-11-23 更新日: 2018-06-03

精神障害の診断と統計マニュアル第5版(DSM-5)において登場した自閉症スペクトラムという用語。
アスペルガー症候群や高機能自閉症など個々の診断名がついていましたが、DSM-5より「自閉症スペクトラム」という名称に統一されます。
 
 
 
【概要】
自閉症スペクトラム障害(ASD)は先天的な脳の障害です。
親の育て方など後天的な要因で発症するものではないとされています。

人口の約1%が該当すると考えられています。

脳機能の障害と考えられていますが、発症の原因は解明されていません。

先天的な障害ではあるものの、出生前の検査やMRIなどでの検査で診断できるものではありません。
多くは行動面からの観察所見での診断になります。
 
 
 
【症状】
以下の2つが主な症状となります。

・対人コミュニケーションの障害
・行動や興味が限局され反復的

 
 
 
【分類】
DSM-5では個々の診断名は削除され「自閉症スペクトラム」としてまとめられています。
しかしながら症状を理解する上では分類を知ることも役に立つでしょう。

アスペルガー症候群
上記の症状により社会生活に困難さを感じます。
知的機能に遅れはありません。
3歳までに言語・知的・運動など発達に明らかな遅れが見られないことがポイントです。

高機能自閉症
知的機能に遅れはありませんが、言語発達の遅れが見られます。

カナー型自閉症(低機能自閉症)
知的障害を伴う自閉症です。

小児期崩壊性障害
2~5歳前後で発達の退行がはじまり、それが6か月ほど続きます。
以後は自閉症と類似した症状を示します。

特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)
その他です。
自閉症は概ね3歳以前に発症します。3歳以後にASD的症状がみられアスペルガーとも言い難い症状のときにPDD-NOSとなります。
アスペルガーほどASDの症状が該当しないので、臨床イメージとしては軽度です。

-発達障害, 診断

関連記事

発達障害児療育、頻度別の特色

発達障害と診断され療育が開始になる場合、療育はどのくらいの頻度が必要でしょうか? 作業療法士や言語聴覚士といった専門スタッフの個別療育について、頻度別にその特徴を考えてみます。 補足記事:療育の頻度が …

「学びの格差」という自閉症児の「生きにくさ」

自閉症および発達障害児の教育について考えます。 発達障害児というのはそうでない子と比べると社会の中では少数派になります。 正しいか正しくないかは別として、 今の世の中は少なくとも日本においては民主主義 …

吃音とは?

吃音(きつおん)とは会話において言葉が詰まったり繰り返したりしてしまう会話の流暢性に関する障害です。 以前は「どもり」と言われることもありましたが、差別用語的な意味合いもあり近年は「吃音」という名称が …

ソーシャルストーリーとは?~作り方とそのルール~

「ソーシャル」も「ストーリー」も平易な語句ではありますね。 しかしながら発達障害の療育界隈において、 ソーシャルストーリーとはキャロル・グレイ氏が考案した発達障害児に対するソーシャルスキルの支援方法を …

松本人志さんが発達障害理解にも役に立つ考察を述べている

発達障害の専門書や専門家じゃなくても、発達障害に役立つ知見を得られることは度々あります。 発達障害の話題や考察でなくても、それを発達障害に照らし合わせて考えるととても参考になることがあります。 &nb …