運動の対象年齢考察

子供がボールを前に蹴ることができるのは何歳から?~幼児期の運動発達~

投稿日:

 
 

 
 
 

ボールを前に蹴るのは何歳から?


子供がボールを足で蹴ることができるのは何歳頃からでしょう?

地面に静止してあるボールを足で蹴り、ボールが前に少しでも動く。

個人差はあるでしょうが、
ボールを蹴ることができるのはおおむね2歳頃からです。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

ボールを蹴ることと子供の発達


子供の発達を診る検査で信憑性の高いものの1つに遠城寺式乳幼児分析的発達検査というものがあります。

遠城寺式によると、
ボールを前に蹴る動作は1歳9カ月~2歳0カ月相当の発達であることがわかります。

 
 
 

子供がボールを蹴ることができるようになるには?


当然ながら、ボールを足で蹴るためには、立って歩けることが前提になります。

一般的に1歳頃になると子供は歩行ができはじめ、
1歳半頃になると走ることもできはじめます。

そして少しずつバランス感覚も身につき、
2歳頃にはぴょんぴょんジャンプもできるかもしれません。

いずれにせよ、
まずは歩行を安定させて、運動遊びに興味を持ってもらうことが大切です。

 
 
 

まとめ

子供がボールを足で蹴ることができるのは何歳頃からでしょう?

個人差はあるでしょうが、
ボールを蹴ることができるのはおおむね2歳頃からです。

一般的に1歳頃になると子供は歩行ができはじめ、
1歳半頃になると走ることもできはじめます。

いずれにせよ、
まずは歩行を安定させて、運動遊びに興味を持ってもらうことが大切です。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-運動の対象年齢考察