Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

「 医療・福祉・療育コラム 」 一覧

エビデンスとは? ~エビデンスレベルの8段階の分類~

エビデンスとは、特に医学分野において「科学的根拠」といった意味で使われる言葉です。 医療行為を行う上で、科学的根拠は欠かせません。 医者が個人的に「理由はないけどこれがいい気がする」といった感じで治療 …

【Q&A】色の名前がわかるのは何歳ですか?

Question 色の名前がわかるのは何歳ですか?     Answer 3~4歳頃です。       色と色の名前が結びつく   色を理解 …

思い出で幸せを感じるのは何歳から?

おいしいご飯を食べて幸せ。 お風呂に入って気持ちいい。 私達は単純な「快」によって幸せを感じます。 一方で、 子供が描いてくれた似顔絵。 誕生日に恋人が祝ってくれたプレゼント。 限定品であるグッズ。 …

お正月にできる子供の発達を促す遊び

1歳頃には歩き始め、 2歳頃には「まんまたべる」といった2語文、 3歳頃にはハサミやお箸といった道具の使用。 個人差はあるものの、子供にはその時その時の発達段階があります。 遊びも勉強も、難しすぎれば …

車椅子と座位保持装置の違い

障害児者の支援において、かなりの頻度で登場する車椅子。 一方で、脳性麻痺などの方にしばしば作成される座位保持装置。 今日は車椅子と座位保持装置についてです。       …

【Q&A】子供が1歳になっても言葉が出ません。どうしたらいいですか?

【Question】 子供が1歳になっても言葉がでません。どうしたらいいですか?     【Answer】 言葉が出るための土台が身に付いているかチェックしてみましょう。 &nbs …

言葉の数以上に、子供の言葉の発達に大切なもの

子供の成長はいつの時代も親の関心事。 子供の知能、とりわけ言葉の発達にはその子の言葉の数に注意がいきがちです。 一般に意味のある単語が出るのは1歳頃。 「まんま食べる」といった2語文が出るのが2歳頃と …

1歳未満の子供とはどんなふうに遊んだらいいのか?

「男の子が生まれたら公園でキャッチボール」とお父さんは考えたり、「女の子だったらおそろいの洋服を着て買い物に行きたい」とお母さんが夢見たり。 子供が生まれたら子供と一緒にしたいことというのがたくさん浮 …

障害児療育と人的資本

療育とは障害を持ったお子さんに対して、医療・福祉・教育など様々な面から支援することです。 人的資本とはその人が持っている能力を資本、つまり財産と捉える考え方です。     &nbs …

かけっこは何歳からできるようになるのか?

かっけこは何歳からできるのでしょう? 子供の遊びはいろいろありますが、それらができるようになるにはそれなりの年齢と心身の発達が必要です。 遊びの内容の変化の中で、子供の成長を感じることは多々あるもので …