Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

「 医療・福祉・療育 」 一覧

【小児発達】およそ3歳でできること

2016/12/20   -小児発達

赤ちゃんや子供の発達は個人差があります。 その一方で、一般的に何歳で何ができるようになるのか。 それを知っていると参考になります。 一喜一憂せず、あくまで参考として考えてもらえれば幸いです。 補足記事 …

【小児発達】およそ2歳でできること

2016/12/19   -小児発達

赤ちゃんや子供の発達は個人差があります。 その一方で、一般的に何歳で何ができるようになるのか。 それを知っていると参考になります。 一喜一憂せず、あくまで参考として考えてもらえれば幸いです。 <補足記 …

【小児発達】およそ1歳でできること

2016/12/17   -小児発達

赤ちゃんや子供の発達は個人差があります。 何かができるようになるタイミングは子供それぞれです。 その一方で、一般的に子供は何歳で何ができるようになるのか。 それを知っていると参考になります。 これらに …

子供の発達を見る際に必要な2つの原則

2016/12/16   -小児発達

子供の発達の状況がどうなのか。 親なら誰でも気になるところです。 小児発達に関わる仕事に就いている人なら誰でも気になるところです。       【個人差がある子供の発達】 …

発達障害児療育、頻度別の特色

2016/12/15   -発達障害

発達障害と診断され療育が開始になる場合、療育はどのくらいの頻度が必要でしょうか? 作業療法士や言語聴覚士といった専門スタッフの個別療育について、頻度別にその特徴を考えてみます。 補足記事:療育の頻度が …

理学療法士と柔道整復師の違い

理学療法士(PT)と柔道整復師 どちらも骨や筋肉を見てもらったり体の痛みをとってもらったり・・・ 2つの資格の違いがわからない人も多いのではないでしょうか。       …

松本人志さんが発達障害理解にも役に立つ考察を述べている

2016/12/11   -発達障害

発達障害の専門書や専門家じゃなくても、発達障害に役立つ知見を得られることは度々あります。 発達障害の話題や考察でなくても、それを発達障害に照らし合わせて考えるととても参考になることがあります。 &nb …

発達障害児の療育の頻度は?

2016/12/10   -発達障害

発達障害児の療育の頻度ってどのくらいが適切なのでしょう? またどのくらいの頻度が一般的なのでしょう? 保育園や幼稚園、小学校と異なり療育というのは普段馴染みがないぶん実際どのくらいの頻度で行うものかは …

構音障害とは?

2016/12/03   -構音

構音とは医学的用語です。一般的には発音とほぼ同じ意味です。 構音障害とは狭義には発音の障害です。       【構音障害は3種類に分類される】 構音障害はいくつか種類があ …

自閉症スペクトラム(ASD)とは?

2016/11/23   -発達障害, 診断

精神障害の診断と統計マニュアル第5版(DSM-5)において登場した自閉症スペクトラムという用語。 アスペルガー症候群や高機能自閉症など個々の診断名がついていましたが、DSM-5より「自閉症スペクトラム …