Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

アプリ(タブレット) タブレット(IT支援)

ライトボックス(Cause & Effect Light Box)

投稿日:2016-11-28 更新日: 2017-04-13

タップしたら音や光が出るというシンプルなアプリはIT支援においては何かと便利です。

因果関係の学習やスンーズレンなどに使えそうなアプリであるライトボックス(Cause & Effect Light Box)

英語版のアプリですが扱い方はシンプルなので問題ないと思います。
 
 
 
【対応機種は?】
iPadもアンドロイドタブレットも使えます。
 
 
 
【価格は?】
400円前後です。
一時期200円のときもあったようで、価格がその時々で上下しているようです。
 
 
 
【内容は?】
タップすると音と映像が出てきます。
様々な種類があります。

効果の持続時間や反応の仕方など設定も豊富です。

スイッチ操作にも対応しています。
 
 
 
【リンク】
・Cause & Effect Light Box(iPad版)
・Cause & Effect Light Box(アンドロイド版)

-アプリ(タブレット), タブレット(IT支援)

関連記事

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作3.「指以外で画面を反応させる」

タブレットなどのタッチパネルの仕組みは「静電容量方式」という電荷の変化を感知する仕組みです。 ※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。 補足記事:タブレット用スイッチインターフェース自作2. …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作1.「はじめに」

通常、iPadをはじめとするタブレットやスマートフォンは指で直接触れて操作します。     しかしながら脳性麻痺などにより上肢障害がある場合はタブレットを直接タッチして操作すること …

障害者のIT支援で知っておきたいこと~タブレット編~

特別支援教育や障害者療育において、パソコンやタブレットなどIT機器を使う機会は増えています。 しかしながらそれなりの知識がないと支援ができない一方で、何を知ればいいのやら。 障害者のIT支援において知 …

no image

トーキングエイドについて

トーキングエイドとはもともとはゲーム会社として有名なナムコが開発した障害者向け機器です。 平仮名50音のボタンを押すことで文字を入力したり音声出力できたりします。 VOCAの一つであるとも言えます。 …

no image

トーキングエイドはiPadアプリになって安くなった。

文字を入力し音声出力してくれるトーキングエイドは障害者のIT支援において代表的な機器のひとつです。 発話障害や上肢障害により会話や筆談が難しい人にとって重宝するトーキングエイドですが、価格が約10万円 …