Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

できiPadとは?

投稿日:2016-10-28 更新日: 2016-11-13

パソコンとスイッチをつなげる助けをしてくれる「できマウス」
それのiPad版が「できiPad」です。

できiPadはBluetoothにより無線でiPadと接続できます。
iPadの携帯性を活かすための配慮だと思います。

できiPadはできマウスと異なり電源が必要です。コンセント接続か乾電池を選ぶことができます。

画面をタッチして操作することが醍醐味のiPadですが、上肢障害などにより思うように画面をタッチできない方もいるでしょう。
それならわざわざタブレットにしなくてもパソコンでいいじゃないかという意見もあるかもしれません。
しかし携帯性や価格面から画面をタッチできない方でもiPadの購入に至る場合があるのも事実でしょう。

そんなときにできiPadは助けになるかもしれません。

現在は「できiPad」だけでなく「できiPad2」も発売予定のようですね。

<補足リンク>
・できマウスとは?
・できiPadの公式ホームページ

-タブレット(IT支援)

関連記事

iPadアプリ、かなトーク

iPadをVOCAとして活用する事例は多いでしょう。 発話障害などにより音声会話が困難な場合、タブレットで文字を打ち音声出力できるアプリは便利です。 文字を打って読み上げできるアプリではトーキングエイ …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作6.「準備する物と設計図」

前回までの記事でスイッチインターフェースを作る上での仕組みを考えていきました。 前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作5.「リレーとは」 理屈がわかったところで今回からいよいよ作業を進め …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作2.「タッチパネルの仕組み」

自作する上で、工学的な知識があると理解が深まります。 しかしあまり専門的すぎるときりがないので、必要最低限にざっくりと。 ※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。 前回の記事:タブレット用ス …

no image

1スイッチで文字入力できるタブレットを低コストで導入する方法

重度障害者のための、1スイッチ操作可能なタブレット環境を作ります。 今回は自作なし。 既製品だけで環境構築してみます。       【必要な物】 ・iPad 29,800 …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作5.「リレーとは」

前回の記事にてタブレットをスイッチで操作するためには、回路をスイッチにて切ったりつなげたりする必要があることは書きました。 そこで回路を切ったりつなげたりするために今回はリレーというパーツを使います。 …