Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

デジタルデバイドは障害者支援において解決すべき課題だ

投稿日:2017-04-14 更新日: 2017-05-10

デジタルデバイドとは情報技術による格差のことです。
パソコンやスマートフォンなどインターネットを使いこなせるか否かにより生まれる格差があります。

IT機器を使える人が情報をたくさん得る一方で、それら機器を使いこなせない人はどんどん情報が得られず両者の格差は広がっていく。
その格差は情報だけなく所得など様々な格差へとつながっていきます。

補足記事:デジタルデバイドとは?
 
 
 

インターネット

インターネットは便利なものです。
どのように便利かというと2つの側面があります。

一つは情報の側面。
知りたいことをすぐに調べることができます。
家に居ながら瞬時に世界中の情報に触れることができます。

もう一つはコミュニケーションの側面。
SNSをはじめインターネットは人のつながりを促進します。
遠い場所に住む人とでもインターネットを通せば会話や趣味の共有ができます。
 
 
 

インターネットの恩恵

インターネットの便利さは情報コミュニケーションです。

そう考えるとインターネットの恩恵を最も受けるのは情報を得にくかったりコミュニケーションが取りにくかったりする人かもしれません。

障害者は社会的にはマイノリティーです。
情報やコミュニケーションにおいて不便さを感じることもたびたびあります。

インターネットの恩恵は障害者は健常者以上に大きいかもしれません。
 
 
 

必要な人の必要なツール

しかし実際はどうでしょう?
身体にせよ知的にせよ、障害があるとパソコンやスマートフォンは扱いにくい場合が多々あります。

健常者がIT機器により情報を得たりコミュニケーションの幅を広げる一方で、
それらの機器を扱いにくい障害者はその恩恵にあずかれません。

デジタルデバイド問題は福祉の分野でも考えないといけない課題です。
 
 
 

その人に合ったツールを

大切なのは障害の有無に関わらずその人にとって使いやすいツールでインターネット活用することです。

インターネットの活用は
情報を得て勉強をすることかもしれません。
好きな趣味の情報を得ることかもしれません。
誰かとやりとりをすることかもしれません。
何かを作りだすことかもしれません。
理由は人によって様々です。

一番もったいないのが、IT機器が特定の人しか使えずその恩恵が特定の人でストップしてしまうことです。

だからこそ、障害者のIT支援の現場ではIT機器を誰もが使えるようにする工夫が必要です。

IT支援の根幹には情報格差の防止があると考えます。
 
 
 
補足記事:ローコストエイド ~IT機器を低コストで導入する例~

-IT支援コラム

関連記事

ドレミファソラシド♪ スイッチで音階を鳴らす

特別支援教育や脳性麻痺の方の療育現場において、 ピアノの鍵盤は押せないけれど楽器を鳴らしたいというケースがあります。 そのような場合の対応策として、スイッチに音階を割り当てる方法があります。 &nbs …

no image

スキャン方式の種類は?

障害者のIT支援、特に重度身体障害の方のIT支援において機器のスキャン方式による操作は重要です。 スキャン方式はその操作方法によりいくつかの種類があります。 補足記事:スキャンとは?   & …

LINEの流行は重症心身障害児者のコミュニケーションにどのような影響を及ぼすか

パソコンや携帯電話が普及しメールがコミュニケーションの一つの方法として確立された。 というのはもはや一昔前の話。 ビジネスシーンは別として、 近年のコミュニケーションはメールではなくLINEを使ってい …

no image

スイッチの種類

障害者のIT支援を行う際、スイッチを活用する場合が多々あります。 スイッチは自作することも可能ですが、もちろん購入する場合もあるでしょう。 自作するにせよ購入するにせよ、スイッチの性質や種類を把握して …

【特別支援教育】脳性麻痺児のためにはじめに揃えるスイッチと機器

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児の方の場合、読み書きや音読といった従来の勉強法が難しい場合が多々あります。 そのような際、学習方法の選択肢の一つとしてIT機器やスイッチを使った活動が考えられます。 し …