人間関係の教科書

【教訓】動物がみんな好きなわけじゃない

投稿日:2018-06-04 更新日: 2018-06-04

私と、相手と、動物と、これら三者の関係について。
 
 

 
 
 

1. 動物が好きな人も嫌いな人もいる

猫や犬。動物はかわいいものです。
なでたり触ってみたりしたくなることもあります。

けれど、動物をみんな好きかというとそうとも限りません。

動物が好きな人がいれば嫌いな人もいます。
相手の心情を考えることが大切になってきます。

 
 
 

2. 私の好き嫌いと相手の好き嫌い

2-1. 相手の好みは私と一緒?

動物が好きな人もいれば嫌いな人もいます。
私が動物が好きでも、隣にいる人は動物が苦手かもしれません。

例えば私が犬を抱き上げて、隣の人に「ほら、かわいいよ」と見せたとします。

相手が犬が嫌いだったら、私がした「ほら、かわいいよ」という言動は相手にとって不快な言動になってしまいます。

もしも相手が犬が嫌いだったら、私が犬をかわいがるのはそこそこにして別の話題に移ります。

相手の好みが自分と一緒かどうか考えるのは大切なことです。
 
 

2-2. 好き嫌いの理由は人それぞれ

世の中に動物が嫌いな人、あるいは動物を避ける人はいます。

個人的な好みで動物が嫌いな人もいれば、
アレルギーなどの理由で動物を避ける人もいます。
動物が嫌いな理由は人それぞれです。

何が好きで何が嫌いかという理由は人それぞれです。

けれど私達は、理由によらず相手が「好き」「嫌い」と感じた結果を尊重してあげます。

例えば単に犬が嫌いな人がいます。
そういう人に、「別にアレルギーでもないんでしょ?触ってみたら?好きになるかもよ?ほらほら」と無理強いする必要はありません。

「犬が嫌いなんだなあ、ふーん」と思って、別の互いが楽しめる話題に切り替えます。
 
 
 

3. 私と相手と動物と接し方

3-1. 動物を触ったら

動物を触ったあとは、基本的には手を洗います。

動物を触ることに抵抗がない人もいますが、動物を触った手で他の物を触ることに抵抗がある人もいます。

だから動物を触ったあとは手を洗います。
 
 

3-2. 動物を室内に入れる

動物を家や車の中に入れるかは、その人の意思を尊重します。

例えば自分がペットを飼っていて、友人の家や車に入るような状況のときは入っていいか事前に確認をとります。
 
 
 

4. まとめ

動物はかわいいですし、場合によっては心を癒してくれますね。

けれど、動物が好きか嫌いかは人それぞれです。

だから動物の話題出たり動物に触れるときは、その場にいる人の心情を考えていきます。
 
 
 

5. その他の記事

【教訓】「ありがとう」と「すみません」を素直に言える

【教訓】あいさつをすること

【教訓】人を助ける

-人間関係の教科書