Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

特別支援教育や障害者IT支援に便利な「フラッシュ教材試作室」

投稿日:2017-01-13 更新日: 2017-05-10

IT支援においてパソコンやiPadを使うことが多いです。
パソコンにせよiPadにせよ、支援に必要なアプリやソフトをインストールすることから支援が始まります。

その一方で、アプリをインストールせずインターネットのサイト上でそのまま使えるサービスというものがあります。

パソコンにおけるYouTubeなどはその例です。

音楽やアプリをダウンロードしなくても、パソコン上でYouTubeのサイトにアクセスすればいろいろな音楽や動画を楽しむことができます。
 
 
 
【ブラウザ上で利用できるということ】
インターネットを見るソフトをブラウザと言います。

YouTubeなどはブラウザ上で利用できるサービスの一つです。

ブラウザ上で利用できるサービスのメリットは、
・インストールの必要がない。
・インターネットにアクセスできる端末ならどれでも使える

などがあります。
 
 
 
【フラッシュ教材試作室】
IT支援においてはブラウザ上で利用できるサービスは多くあります。

その一つに「フラッシュ教材試作室」というサイトがあります。

無料で利用でき、教材の種類も豊富です。
パソコン、タブレット、双方の教材があります。
 
 
 
【フラッシュとは?】
フラッシュとは、アニメーションが作りやすいプログラミングのことです。

フラッシュ教材試作室の教材はフラッシュで作られています。

フラッシュで作った教材を利用するにはフラッシュを再生できるソフトが必要です。
しかしパソコンもタブレットも大概が最初から入っていますし、
入っていなくても「フラッシュを入れますか?」的なメッセージがすぐにくるので簡単です。
 
 
 
【リンク】

フラッシュ教材試作室
 
 
 
【その他の教材】
ブラウザ上で使える教材の一つに、エンチャント文字盤があります。

フラッシュ教材試作室がゲーム的な教材が多いのに対し、
エンチャント文字盤は文字通り文字入力などの教材が多いです。
スキャン入力ができる点は魅力です。

過去記事:エンチャント文字盤とは?

リンク:エンチャント文字盤

-IT支援コラム

関連記事

no image

スイッチと回路の仕組み

障害者のIT支援においてスイッチを自作する場面、あるいは自作できればなあと思う場面はたびたびあります。 そんなときは小中学校の理科の時間で習った回路図の知識が役立ちます。 まず基本的な回路は図のような …

no image

VOCAとは?

障害者のIT支援においてVOCAという用語があります。 VOCAは特定の機器を指すのではなく、IT支援における機器や支援方法の分類の一つです。 Voice Output Communication A …

ジェリービーンスイッチツイストとは?

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児者や肢体不自由児者の活動においてスイッチを使うことがあるかもしれません。 スイッチの用途は主に ・パソコンやタブレットなどのIT機器の操作 ・操作しにくいおもちゃの操作 …

ローコストエイド ~IT機器を低コストで導入する例~

障害者のIT支援において役立ちそうなエイド(支援機器)を安く導入する一覧です。 機器が必要だけど高額なため手が出せないという当事者の方も多いでしょう。 しかしながらそれらは知識と工夫で解決できる場合も …

スイッチの適応

肢体不自由あるいは重度身体障害の方のIT支援においては、スイッチを活用する機会が多いと思います。 今日はスイッチを1個ないし複数個押すくらいがやっとといった重度の身体障害の方へのスイッチの適応について …