人間関係の教科書

ハゲている人との接し方~人間関係の教科書~

投稿日:2019-03-22 更新日: 2019-03-22


 
 

ハゲている人との接し方

世の中にはハゲ(禿げ)ている人がいます。

そして世の中には禿げたくない人が多いです。

自分が禿げるのは嫌だし、自分が禿げていると周りに思われるのも嫌な人が多いです。

だから自分が禿げていることを受け入れるには時間がかかるものです。

  • 自分が禿げていることに気づいていない
  • 自分が禿げていることを薄々気づいている(でもまだ他人には知られたくない)
  • 自分が禿げているのはわかっているし、周りが気づいているのもわかっている。でもまだハゲ扱いされたくない
  • 自分が禿げていることを認めている。むしろ「禿げていない感」を出すことが逆に恥ずかしい。
  • 自分の髪の毛に対してもう関心がない

ハゲの受け入れには段階があります。

相手が禿げている場合は、相手の「ハゲの受容」に合わせた接し方をするように心がけます。

 
 
 

ハゲってどういうこと?

禿げているとは本来生えるべきところに髪が生えていない状態です。

似ている状態に「坊主頭」がありますが、こちらは髪がすべてない、あるいは切っています。

一般に、本人が気にする「禿げている状態」とは髪が生えているところと生えていないところがあってアンバランスな状態を指します。

また、髪が生えることができるかどうかという事実も重要です。

放っておけば髪が生える状態であれば、一時的に髪がない状態に対して「ハゲ」と言っても冗談で済むこともあります。

一方で、放っておいても髪が生えない、むしろ後退する状況に対して「ハゲ」と言うと傷つく人が多いです。

 
 
 

まとめ

「ハゲ」という状態に対する捉え方は人によって様々です。

多くの場合、放っておいても髪が生えない、むしろ後退する状況における「ハゲ」は気にする人が多いです。

そのため周囲は言葉かけに気をつけます。

基本的に、相手が禿げていてもそのことを指摘はしません。

しかしながら、時として
「最近ハゲてきたんだよね」と本人から言いだすことがあります。

相手の髪の毛がある程度ある場合なら、
「そうですか?」と周囲はそんなに気になってないですよというニュアンスの返答をします。

明らかに禿げている人の場合なら、
「ああ、そうなんですね。でも○○さん頭の形がいいから」と禿げている事実と少し距離を置いた話の展開にしていきます。

 
 
 

その他の記事

-人間関係の教科書