その他の対象年齢考察

子供がハサミを使えるのは何歳から?~小児発達学より~

投稿日:2018-11-14 更新日: 2018-11-15

 
 

 
 
 

はさみを使える年齢

子供は何歳くらいからはさみを使えるものなのでしょう?

「はさみを使う」の定義にもよるでしょうが、

はさみは3歳頃から使え始め、4歳頃には基本的な使い方ができるようになります。

以下、これらの根拠を。
 
 
 

はさみを使うとはどういうことか

はさみは紙を切る道具です。
はさみは指をグリップに通し、手を開いたり閉じたりすることで刃を開閉します。

はさみは手先(指先)の器用さが必要な道具なわけです。

はさみを使うときの多くは紙など切る対象の物を反対の手に持ちます。

一方ではさみを動かし、もう一方で紙を支えたり動かしたりする。

はさみを使うということは、両手がそれぞれ別の動作をする活動です。

そんなはさみは何歳頃から使えるようになるのでしょう?

子供の一般的な発達を把握する資料で有名なものに、遠城寺式乳幼児分析的発達検査というものがあります。

遠城寺式によると、
単にはさみで紙を切る動作は3歳頃。
紙に書かれた直線に沿ってはさみで紙を切る動作は4歳頃の発達であることが示唆されます。

 
 
 

3~4歳は指先が器用になる時期

はさみが使えるようになる3~4歳頃という時期は、洋服のボタンをとめたりお箸を使ったりと細かな指先を使った活動が盛んになる時期です。

そのため、指先の動作を促すような遊びが良い刺激になります。

具体的にはビー玉や小さいおもちゃをつまむ遊び。
砂場や粘土など指先を使って作る造形遊び。

もちろん、子供の発達には個人があり、指先を使う遊びを好まないお子さんもいます。

あくまでその子の興味を尊重してあげましょう。
 
 
 

まとめ

はさみというのは指先の器用さが必要になる道具です。

はさみを使うにははさみを持つ方の手だけでなく、紙を支える非利き手の使い方も重要です。

単にはさみの刃を開いたり閉じたりして紙を切るだけなら3歳前後から可能かもしれません。

しかしそこから一歩踏み込んで、
たとえば紙に書かれた線に沿って形を切り抜くような動作は4歳頃からになるでしょう。
 
 
もちろん子供の発達には個人差があります。

特にはさみは刃物であり、無理強いさせてやるものではありません。

「もう4歳だからはさみを使えるようにならなきゃ」と親が無理強いしてもし怪我でもしたら、子供には恐怖感しか残りません。

子供の成長には子供自身の興味や意欲が欠かせません。

親ははさみが使えるようになってほしい。
けれど子供自身ははさみに興味を持っていない。

だったら別の遊びで手先の器用さを刺激してはいかがでしょう?

たとえば砂場やねんどなどの造形遊びは楽しみながら自然と指先を使うのでおすすめです。
 
 
 

その他の記事

子供のが自転車に乗れるのは何歳くらいから?

子供が今日は何月何日かわかるのは何歳か?

子供はお箸を何歳から使えるようになるのか?

子供が「じゃんけん」をできるのは何歳から?

-その他の対象年齢考察