アプリ(パソコン) パソコン(IT支援)

HeartyLadderとは?

投稿日:2016-11-01 更新日: 2018-11-17

 
 

 
 
 

HeartyLadderとは?

「HeartyLadder」は「ハーティーラダー」と読みます。

HeartyLadderとは、スイッチなどを使って文字入力ができるソフトウェアです。

身体障害などにより、マウスやキーボードの操作が難しい際にHeartyLadderは役に立ちます。
 
 
 

スイッチによりパソコンを動かせる

現代においてパソコンは何かと便利な機械。

メールなどのコミュニケーション。
インターネットでの調べ物。
動画などのコンテンツの閲覧。

パソコンが操作できればできることの幅が広がります。

それは障害者も健常者も同様でしょう。
むしろ、日頃の生活が制限されがちな重度障害を持っている方ほど、IT機器を操作することでの恩恵は大きいのではないでしょうか。

その一方で、
ALSなどの神経難病、重度の脳性麻痺などにより身体動作が障害されるとパソコンなどを扱うことが難しい場合があります。

キーボードがうまく押せない。
マウスがうまく動かせない。

そういった場合でも、スイッチによる「スキャン操作」や目の動きによる「視線入力」なら可能な方もいるかもしれません。

その人に合った様々な操作方法でパソコンを操作できるのがHeartyLadderです。

HeartyLadderは無料でダウンロードできるWindowsパソコン用のソフトウェアです。
 
 
 

HeartyLadderの使い方

HeartyLadderは作成者のホームページから無料でダウンロードできます。

いちおう、最後にホームページのリンクも紹介しておきます。

音声読み上げは別途、音声合成エンジンを設定しないといけない点が難点ですが、それでも無料で使える障害者用ソフトウェアの中では抜群の高機能さです。

ダウンロードした後のインストール作業は、インストーラーを起動しそのまま説明に従えばいいので比較的簡単です。

HeartyLadderはあくまでソフトなので、
実際に使用するならスイッチなどの機器を別に揃えておく必要があります。

例えばスイッチでの入力なら、「ジェリービーンスイッチツイスト」「できマウス」を使うのが一番オーソドックスでしょう。

視線入力なら「Tobii Eye Tracker 4」という機器を選択することになると思います。

ちなみに、視線入力ならHeartyLadder本体だけでなく、「Hearty Ai」というソフトも一緒にインストールします。これも無料です。
 
 
 

まとめ

HeartyLadderはスイッチなどを使って文字入力ができるソフトウェアです。

スキャン操作や視線入力など様々な方法での文字入力やパソコン操作に対応しています。

身体障害に対して、残存機能を活かした機器操作ができます。

HeartyLadderは無料で使用できるのに高機能である点がやはりこの類いのソフトとしては珍しいです。
 
 
 

その他の記事

TobiiとHeartyLadderで視線入力による意思伝達装置を作る

Tobii Eye Tracker 4C とは?~障害者の視線入力~

重心のパソコン支援ならとりあえず「Hearty Ladder」という話

ジェリービーンスイッチツイストとは?
 
 
 

参考資料

『HeartyLadder』(HeartyLadderのホームページ)2018年11月17日検索

-アプリ(パソコン), パソコン(IT支援)