Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

補装具とは?

投稿日:2016-10-26 更新日: 2017-05-10

以前の記事で意思伝達装置について触れました。
意思伝達装置は要件を満たすことで公的な補助により購入することができます。
意思伝達装置は補装具のひとつです。
では、補装具とはなんでしょう?
 
 
 
【補装具とは?】
補装具とは、障害により失われたあるいは困難になった身体機能を補う道具のことです。
四肢のかわりとなる義肢、歩くかわりとなる車椅子、声などのかわりとなる意思伝達装置そのほか義眼、補聴器、様々な装具がこれに該当します。

要件を満たすことで、購入の際に補助が出ます。
 
 
 
【給付の流れは?】
主に障害者手帳を参考に障害者更正相談所の判断により給付されます。

しかしながらそうでない場合もあり、対象となる補装具や市町村により様々です。まずはお住まいの市町村に確認を。
 
 
 
【いくら給付されるの?】
補装具の種類によって異なります。
自己負担については、一般的には給付された金額の1割と、限度額を超えた金額分が自己負担金額となります。

-IT支援コラム

関連記事

【随時更新】IT支援で使う機器と価格の一覧

障害者のIT支援においてよく使いそうな道具を価格と一緒に紹介します。 ※2016年11月時点です。価格はおおよそです。 購入時の目安になれば幸いです。 基本いずれの機器も高額ですね。 たぶん自作したり …

no image

1スイッチで文字入力できるパソコンを低コストで導入する方法

重度障害者のための、1スイッチ操作可能なパソコン環境を作ります。 今回は自作なし。 既製品だけで環境構築してみます。       【必要な物】 <ハード> ・パソコン 3 …

LINEの流行は重症心身障害児者のコミュニケーションにどのような影響を及ぼすか

パソコンや携帯電話が普及しメールがコミュニケーションの一つの方法として確立された。 というのはもはや一昔前の話。 ビジネスシーンは別として、 近年のコミュニケーションはメールではなくLINEを使ってい …

重心のIT支援で気をつけなければいけないこと

特別支援学校や療育施設において、IT機器を使った支援という選択肢がしばしば挙がります。 脳性麻痺などにより知的障害や重度の身体障害を呈する場合、 つまり「重症心身障害」の場合コミュニケーションの支援の …

ローコストエイド ~IT機器を低コストで導入する例~

障害者のIT支援において役立ちそうなエイド(支援機器)を安く導入する一覧です。 機器が必要だけど高額なため手が出せないという当事者の方も多いでしょう。 しかしながらそれらは知識と工夫で解決できる場合も …