暗黙のルール

【暗黙のルール辞典】表情豊かであることは大切。

投稿日:2018-06-29 更新日: 2018-06-29

表情が固かったり、ぎこちなかったり、相手が笑ってるのに無反応な感じだと、浮いてしまうことがあります。
 
 

 
 
 

1. 笑顔でいられること

表情豊かであることは大切です。
特に笑顔。

自然に笑顔が作れる人は、周囲に溶け込みやすいものです。

笑顔は人を心地良い気持ちにします。
一緒にいることで、人を心地良くできる人は人に好かれます。

真剣な話題や悲しい話題のときにニコニコしているのはまずいですが、そういう状況を除けば基本的に笑顔でいる人は好かれます。
 
 
 

2. 共感性をもって生きる

誰かと一緒に生きていく上で、
社会の中で生きていく上で、
他者と協調性を持って生きることは大切です。

協調性を持って生きるとは、相手のことを思った言動をとるとか場の雰囲気を汲み取って行動するとかそういったことです。

そしてもっと抽象的ではありますが、
共感性をもって生きることも人とのコミュニケーションでは大切です。

共感とは「共に感じる」と書きます。
つまり一緒に同じように感じることです。

人は他者が自分と同じ感情だと嬉しいものです。
人は共感してもらえると嬉しいのです。

共感にはいろいろあります。
同じようなことが嫌い。
同じようなことで怒る。

そんな中で、一番ポジティブで一番無難な共感が、同じようなことで笑顔になれることです。
 
 
 

3. 表情に表わす

自分が笑っているとき、嬉しいとき、相手も笑顔でいてくれると嬉しいものです。
自分と同じようなことが楽しい・嬉しいというのは、嬉しいものです。

表情が固い人がいます。
相手が笑っていたり笑顔でも、「はあ・・・」と表情がぽかんとしている人です。

笑うポイント、怒るポイント、真剣な顔つきにあるポイント etc…
感情の起伏のポイントが同じであると、人は共感できますしコミュニケーションがはかどります。

そして自分がどんな感情か相手に伝えるには、表情に表わすのが最も有効な手段の1つです。
 
 
 

4. まとめ

人とコミュニケーションをとる上で表情豊かであることは大切です。
なぜなら人は共感性を大切にする生き物だからです。

共感性を高めるには、相手と同じ感情であることを伝えることが1番です。
そして相手に感情を伝える方法は、言葉だけでなく表情に出すことも重要です。

一緒に喜んだり笑うところで、笑顔になれるというのは重要なスキルです。
 
 
 

5. その他の記事

【暗黙のルール辞典】相手のために優しい嘘をつく

【暗黙のルール辞典】どんな服装が浮かない?

【暗黙のルール辞典】お金のこと

【暗黙のルール辞典】飲食店で気をつけること

-暗黙のルール