Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

アプリ(タブレット) タブレット(IT支援)

iPadアプリ、かなトーク

投稿日:2016-11-27 更新日: 2017-04-13

iPadをVOCAとして活用する事例は多いでしょう。
発話障害などにより音声会話が困難な場合、タブレットで文字を打ち音声出力できるアプリは便利です。

文字を打って読み上げできるアプリではトーキングエイドが有名です。
しかしトーキングエイドは無料版では音声出力や一部の機能に制限があります。
実用するには課金が必要になってきます。
 
 
 
【無料で使える「かなトーク」】
文字を打って読み上げできるアプリに「かなトーク」というアプリがあります。

無料で音声出力できる点が非常に魅力的です。
 
 
 
【「かなトーク」シリーズ】
かなトークにはいろいろなシリーズがありますが、主な3つを紹介します。

・かなトーク
・かなトーク Plus
・かなトーク Pro

 
 
 
【無料で使える「かなトーク」】
シリーズの中で最もシンプルな機能をもつ「かなトーク」
無料で使うことができます。

かなトークはどのくらいのタップの長さで画面が反応するかを設定できるので、発話障害に加え上肢障害もある方には非常に便利です。
 
 
 
【メールもできる「かなトーク Plus」】
「かなトーク」のワンランク上位版である「かなトーク Plus」
かなトークと異なり、単語登録機能やメール機能が追加されています。

有料ですが360円と良心的な価格です。

この値段で、文字が打てて音声読み上げができてしかもメールができるというのは非常に魅力的だと思います。
 
 
 
【シリーズ最高峰「かなトーク Pro」】
シリーズの最上位版である「かなトーク Pro」
値段も14,800円とけっこうお高めです。

最も多機能である点と音声読み上げがよりスムーズで流暢な声になっています。

IT機器において音声を読み上げるというのは基本的にコストがかかります。
ほかのシリーズよりレベルの高い音声読み上げ機能を搭載しているので価格が高くなっていると思われます。
 
 
 
【無料は気軽に使える】
いろいろなシリーズがありますが、無料版があるのはありがたいですね。
試しに使ってみて、良かったら有料版にステップアップするという柔軟な選択ができます。

かなトークやかなトークPlusを使って、もっと多機能なものが欲しくなったらかなトークProやトーキングエイドを検討するというのもありでしょう。

<リンク>
・かなトーク
・かなトーク Plus
・かなトーク Pro

-アプリ(タブレット), タブレット(IT支援)

関連記事

no image

タブレットにおける指の動かし方の名称

iPadやタブレット端末、スマホにおける指の動かし方の名称を備忘録も兼ねて書きます。       【タップ】 基本操作。画面を指でタッチすることです。   &n …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作5.「リレーとは」

前回の記事にてタブレットをスイッチで操作するためには、回路をスイッチにて切ったりつなげたりする必要があることは書きました。 そこで回路を切ったりつなげたりするために今回はリレーというパーツを使います。 …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作2.「タッチパネルの仕組み」

自作する上で、工学的な知識があると理解が深まります。 しかしあまり専門的すぎるときりがないので、必要最低限にざっくりと。 ※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。 前回の記事:タブレット用ス …

no image

トーキングエイドはiPadアプリになって安くなった。

文字を入力し音声出力してくれるトーキングエイドは障害者のIT支援において代表的な機器のひとつです。 発話障害や上肢障害により会話や筆談が難しい人にとって重宝するトーキングエイドですが、価格が約10万円 …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」

前回までの記事でタブレット用のスイッチインターフェースの作製過程を考えていきました。 前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作7.「作製手順」 今日は準備や作製に伴うポイントをQ&#038 …