Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

IT、ICT、IoT とは

投稿日:2016-09-25 更新日: 2017-11-13

用語解説です。

IT(Information Technology)
情報技術。これはもう当たり前のように世の中に浸透してますね。

ICT(Information and Communication Technology)
例えば電話は相手と話します。携帯やパソコンはメールなどで連絡がとれます。
ITは情報伝達の技術である一方で、人と人とをつなげる性質、つまりコミュニケーションの性質も持っているわけですね。
つまりインフォメーションとコミュニケーション。それらのテクノロジー。
これらの観点から従来のITという用語ではなくICTという用語を使う場合も最近は見られます。

IoT(Internet of Things)
直訳すると「物のインターネット」これだけじゃわかりにくいですね。

アップルウォッチなどのスマートウォッチが良い例です。
時計というアナログな物とスマホと通信して同期するというデジタルな側面。

インターネットが急速に普及し、物とインターネットは互いに独立した存在ではなく融合を始めました。
スマホで操作できる家電や、ナビによるGPS管理の車。ネットバンクやインターネットでユーザー登録が必要なポイントカード。
生活の様々な要素がインターネットによる通信を前提とした利用になりつつあります。

この、
・物がインターネットに接続される
・物を介して情報がインターネット上に蓄積させる
・そしてその情報が物に反映される
という流れが社会に組み込まれていく様子をIoTと言います。

IoTという概念はなかなか考え深いものです。

一昔前はアナログな物とデジタルな物は互いに独立した存在でした。
そんな中で起こる議論と言えばアナログとデジタルはどちらが正しいのか、便利なのか。アナログな物は廃れるのか、デジタルな物はどう発展するのか。そのような考えばかりでした。

しかし技術の発展はまったく異なる考え方を導きます。
つまりアナログとデジタルが混ざり合い、その境界線がどんどんあいまいになっていくということです。
インターネットの接続がどんどん当たり前になっています。そして使い手の知らないところで物はインターネットのデータを利用し最適化されていきます。
この流れを怖いと感じる人もいるでしょうし、おもしろいと感じる人もいるでしょう。それは人それぞれです。

しかしクラークの3法則の
「高度に発展した技術は魔法と見分けがつかない」
という言葉を実現しつつあるのがIoTであるということは言えると思います。

-IT支援コラム

関連記事

電池ボックスにスイッチを取り付ける方法

スイッチで動くおもちゃやiPadタッチャーを自作する際に電池ボックスを改造することがあります。       【電池ボックスとは?】 電池ボックスとはその名の通り電池を入れ …

スキャンとは?

スキャン方式は走査(そうさ)とも言われます。 障害者のIT支援、特に重度身体障害者の方に対して使うことが多い手法です。 重度の脳性麻痺や、ALSなどの神経難病がこれにあたります。 重い身体障害により体 …

LINEの流行は重症心身障害児者のコミュニケーションにどのような影響を及ぼすか

パソコンや携帯電話が普及しメールがコミュニケーションの一つの方法として確立された。 というのはもはや一昔前の話。 ビジネスシーンは別として、 近年のコミュニケーションはメールではなくLINEを使ってい …

スイッチの適応

肢体不自由あるいは重度身体障害の方のIT支援においては、スイッチを活用する機会が多いと思います。 今日はスイッチを1個ないし複数個押すくらいがやっとといった重度の身体障害の方へのスイッチの適応について …

主な意思伝達装置の種類 -2016-11-29

意思伝達装置といってもたくさんあって全部把握するのはたいへんです。 少し時間が経つと、もう販売中止になっていたりするので。 ということで、今日は意思伝達装置の中でも代表的なものを2016年11月版でお …