Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

暗黙のルール

自分のことを「自分」と言う人は子供っぽくて恥ずかしい

投稿日:2018-03-11 更新日: 2018-03-11

特に男性に多いと思います。
自分のことを「自分」という人。

体育会系っぽいですね。
学生の頃の部活ならそれでもよかったかもしれません。

社会人になって、自分のことを「自分」と言うのは正直恥ずかしいことです。
 
 
 

「自分」になる経緯

 
日本語には様々な一人称がありますね。

男性の場合、多くの場合プライベートでの一人称は「俺」ではないでしょうか。
しかし「俺」というのは公的な場所や目上に人には使えないわけですね。

そこで他の一人称が必要になってくるわけです。

男性が使う一人称と考えると、「僕」や「私」が挙がります。

「僕」はなんだか優等生っぽくてむずがゆい。
「私」はなんだかすごく年を重ねたみたい。

そういう、変なプライドのせいで一人称が「自分」になる人がいます。
 
 
 

「自分」を使っている現状の方が恥ずかしい

 
自分のことを「自分」と言う人は、「僕」と言うことがなんだか恥ずかしく感じてしまう人が多いです。

けれど実際は、周りが「僕」とか「私」とかを使っているのに「自分」を使っている現状の方が恥ずかしいです。

大学生ノリが抜けていないなあという印象を持たれてしまいます。

そして、こういうマナーや言動ってなかなか周りは指摘してくれないものです。
 
 
 

子供のほど、大人っぽくあろうとする

 
言動に関して全般的に言えることですが、
大人っぽくしようとすることほど子供っぽいことはありません。

子供ほど、大人っぽくあろうとします。
本当の大人は「大人っぽく」と背伸びしません。だってすでに大人なのですから。

自分のことを、素直に「僕」「私」と言える人が成熟しています。
 
 
 

まとめ

 
一人称をどうするかは個人の自由。
プライベートなら「俺」でもなんでも自分がしっくりくるものを使えばいいでしょう。

ただしこれが仕事や公的な場だと状況が変わります。
適宜「僕」や「私」などを使います。

新社会人なら、会社では「僕」と言えば不自然ではないでしょう。
20代なら「僕」で全然OK。

ただし社外の人やお客様に対しては「私」のほうが礼儀正しく見えるかもしれません。
社内でも、全体のかしこまった会議などでは「私」でいいかもしれません。

30代なら、場の雰囲気によって「僕」か「私」。
そろそろ「私」と自然に言えるように慣れていきましょう。
一方で、くだけた雰囲気の場なら「僕」のほうがいいときもあります。

40代なら部下を持つ人も多いでしょう。
若い人たちを指揮する立場になっているかもしれません。
若い人たちと世代差を感じる時期です。
穏やかに「私」を使えるようになりましょう。
飲み会や雑談なら「俺」でもいいかもしれません。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
年上とは仕事の話、年下とは雑談するのが無難

年上か年下か、異性か同性かで話し方は変わる

飲み会や食事の場所はどのように決めたらいいのか?

-暗黙のルール

関連記事

【暗黙のルール辞典】店員さんとの接し方

世の中には暗黙のルールがあります。 アスペルガー症候群や発達障害を持つ人にとってはこの暗黙のルールを気づき理解することが難しい場合があります。 ソーシャルスキルトレーニング(SST)において暗黙のルー …

【暗黙のルール辞典】相手のために優しい嘘をつく

暗黙のルールについてです。 今日は相手を思いやり、言い方や表現の仕方を工夫することを考えます。     【目次】 1. 表現を工夫するための引き出し 2. 相手を思いやる、優しい表 …

他人と話すとき自分の親を「お母さん」と言うのは恥ずかしい

他人との会話で、自分の親のことをなんて呼びましょう? 今日は、他人に自分の親の話をするときの暗黙のルールについてです。     【目次】 1. 「お母さん」「お父さん」と言ったら恥 …

発達障害の人が見過ごしがちな微妙な暗黙のルール

世の中には暗黙のルールがありますね。 暗黙のルールには破った途端に場の空気が凍りつくような大きなものから、周りが指摘してくれない小さなものまで様々です。 大きなルールはけっこう周りが教えてくれます。 …

【暗黙のルール辞典】他人の子供との接し方

今日は他人の子供と接する際の暗黙のルールについてです。     【目次】 1. 子供を知るには、親を知る。 2. いろんな家庭のこだわりがある 3. 具体的に気をつけること 4. …