Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

JoyToKey

JoyToKeyでカーソル速度を切り替える ~ボタンを押している間だけ速度を変える~

投稿日:2016-12-07 更新日: 2016-12-14

JoyToKeyによりスイッチやコントローラーでマウスカーソルを動かすとき、カーソル速度が1種類だと不便な場合があります。

画面を広々と動かすときは速い方がいいですし、細かい作業をするときは遅いほうがいいです。

今日はJoyToKeyでカーソル速度を切り替え可能にします。
 
 
 
【切り替え方には2種類ある】
カーソル速度の切り替え方には2種類あります。

一つはボタンを押している間だけ速度が変わる方法。
スーパーマリオのBダッシュのような感覚です。

もう一つはボタンを押すと速度が切り替わる方法。
車のギアチェンジのような感覚です。
 
 
 
【ボタンを押している間だけ速度を変える】
今日は「ボタンを押している間だけ速度を変える」設定をしてみたいと思います。
「ボタンを押すと速度が切り替わる」設定はまた別の記事で紹介します。
 
 
実際に設定してみます。
例としてボタンを押している間だけカーソルが速くなる設定で話をします。
 
 
kontorouraa
図のようなコントローラーで考えてみます。
十字キーでカーソル移動をし、ボタンを押している間は速いカーソル速度になるようにします。
 
 
joytokey-5-8-2-main

まずは十字キーにカーソル移動を割り当てましょう。
JoyToKeyのメイン画面から各種設定を行います。
 
 
joytokey-5-8-2-mouse
マウスタブにてカーソル速度を設定します。
バーを動かし数値を変えて好みの速度にします。
 
 
joytokey-5-8-2-main
続いてボタンの設定をします。
「Button1」など設定をしたいボタンをダブルクリックします。
 
 
joytokey-5-8-2-file-tokusyukinou
「特殊機能」タブにて設定します。
「押されている間、一時的に他のジョイスティック番号の設定を使う」にて「Joystick2」にします。
 
 
joytokey-5-8-2-main-joystick-tab
再びメイン画面です。
通常JoyToKeyは「Joystick1」を設定することがほとんどですが、ここで「Joystick2」を使います。

「Joystick2」の設定にて、カーソルの移動を「Joystick1」で設定した速度より速くしておきます。

すると先ほどの設定によりボタンを押している間は設定が「Joystick1」から「Joystick2」になりカーソル速度を変えることができます。
 
 
ちなみに「ボタンを押している間だけカーソル速度を遅くする」ときは、「Joystick2」の速度を「Joystick1」より遅くすればOKです。
 
 
 
<関連記事>
・JoyToKeyとジョイスティックコントローラーでマウスを代替
・JoyToKeyとボタン8個でマウスカーソルを上下左右斜め方向に動かす設定

-JoyToKey

関連記事

JoyToKeyを起動した状態でゲームパッドは抜かないほうがいい

JoyToKeyのトラブル対応方法についてです。 JoyToKeyを起動したままゲームパッドやできマウスは抜かないほうがいいです。 当たり前と言えば当たり前ですが、 ゲームパッドを抜き差しするときは一 …

JoyToKeyを別のパソコンに移動する方法

障害者のIT支援において、とりわけパソコンとスイッチを使った支援においてよく使うJoyToKey。 いろいろな設定ができとても便利なソフトです。 補足記事:JoyToKeyのインストール方法 しかしな …

no image

JoyToKey のファイル構成

Joy To Keyはレジストリを操作しないソフトです。 つまりインストール不要でフォルダをコピーして各々のパソコンに貼付ければ使えるソフトです。 設定をすぐ別のパソコンに移せる手軽さは魅力です。 そ …

no image

JoyToKeyでマウスカーソルを動かす

Joy To Keyによりスイッチやコントローラーでマウスカーソルを動かす方法についてです。 できマウスやJoy To Keyを障害者のIT支援で用いる際、キーボードのキーを割り当てることはできる一方 …

JoyToKeyでマウス代替 カーソル速度切り替え付き

JoyToKeyでジョイスティックコントローラーにマウスの機能を割り当て、マウスを代用します。 脳性麻痺などによる肢体不自由や重症心身障害の方のパソコン操作機器に役立つでしょう。   &nb …