Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

JoyToKey

JoyToKeyでカーソル速度を切り替える② ~ボタンを押して設定を切り替える~

投稿日:

JoyToKeyによりスイッチやコントローラーでマウスカーソルを動かすとき、カーソル速度が1種類だと不便な場合があります。

車のギアチェンジのように、マウスカーソルの速度をボタンを押すことで切り替えることができたら便利です。
 
 
 
【切り替え方には2種類ある】
カーソル速度の切り替え方には2種類あります。

一つはボタンを押している間だけ速度が変わる方法
スーパーマリオのBダッシュのような感覚です。

もう一つはボタンを押すと速度が切り替わる方法
車のギアチェンジのような感覚です。
 
 
 
【ボタンを押して速度を切り替える】
今日はボタンを押すと速度が切り替わる方法を書きたいと思います。

「ボタンを押している間だけ速度が変わる方法」はまた別の記事で紹介したいと思います。

補足記事:ボタンを押している間だけ速度を変える
 
 
 
【設定ファイルを変える機能を使う】
JoyTokeyは設定ファイルを複数作ることができます。
そして任意の設定ファイルから別の設定に切り替える機能をボタンに割当てることができます。

速度が速い設定と遅い設定を作り、それらをボタンで切り替えるようにします。

これがJoyToKeyにおけるカーソル速度を切り替える設定の考え方です。
 
 
 
【設定ファイル複数作る】


「新規作成」を押して設定ファイルを作ります。
まずマウスカーソルを動かせる設定をします。

補足記事:コントローラーにマウス操作を割り当てる手順

その後、設定ファイルをコピーします。
コピーした設定ファイルのカーソル速度を遅くします。

これで2つの設定ファイルができました。
仮に「設定1」「設定2」としましょう。
 
 
 
【設定ファイル切り替えられるようにする】
まず「設定1」にて切り替えボタンを設定します。
切り替えボタンにしたいボタンを選び、設定画面を開きます。


「特殊機能」タブにて、「他の設定ファイルに切り替える」機能を使います。

ここで「設定2」をリストから選びます。

同様に「設定2」のファイルでは「他の設定ファイルに切り替える」にて「設定1」を選びます。

これで「設定1」と「設定2」がお互いに設定を切り替えあえるようになります。

-JoyToKey

関連記事

no image

JoyToKeyによりスイッチでドラッグ&ドロップをする

JoyToKeyにより、できマウスとスイッチでドラッグ&ドロップできるようにします。 上肢障害などがある場合、クリックボタンを押したままでマウスを動かす手の動作が難しい場合があります。 しか …

JoyToKeyを起動した状態でゲームパッドは抜かないほうがいい

JoyToKeyのトラブル対応方法についてです。 JoyToKeyを起動したままゲームパッドやできマウスは抜かないほうがいいです。 当たり前と言えば当たり前ですが、 ゲームパッドを抜き差しするときは一 …

no image

JoyToKey アナログ入力加速とは

JoyToKeyのMouseタブ、右上にあるアナログ入力加速についてです。     これはコントローラーのジョイスティックをどのくらい倒したかで設定を変えるものです。 スティックに …

no image

JoyToKey で複数のキーを割り当てる

パソコンにはショートカットキーというものがあります。 例えば、キーボードの「Ctrlキー」を押しながら、「S」を押すと、ワードやエクセルなど開いているファイルを上書き保存できます。 今回はこのショート …

JoyToKey、自動連射機能とは?

JoyToKeyには自動連射機能があります。 自動連射機能とはボタンを押しっぱなしでボタン連打をできる機能です。 ボタン連打はゲームなどではよく使いますね。 しかし速い連打は難しいし手も疲れます。 そ …