Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

JoyToKey

JoyToKeyとジョイスティックコントローラーで障害者用マウス操作機器を作る実例

投稿日:2016-11-26 更新日: 2017-02-11

パソコンを扱う上でマウスの存在は必須ですが、上肢障害によりマウスを使うことが困難な場合があります。

今日はJoyToKeyジョイスティックコントローラーを使い、上肢障害の方のための代替機器を作ります。
 
 
 
【マウス操作が難しい理由】
以下のようなものが考えられます。

マウスを持ったまま動かすのが難しい
→カーソルの移動ができません。

マウスを持ったままクリックするのが難しい
→クリックができなかったり、クリックがずれます。そのためダブルクリックも難しいでしょう。

クリックを押したまま動かせない
→ドラッグ&ドロップができません。
 
 
 
【ジョイスティックコントローラーで解決しよう】
ジョイスティックコントローラーはゲームセンターにあるようなレバーとボタンがついたコントローラーです。

このレバー(ジョイスティック)とボタンがマウスよりも操作しやすいです。
 
 
 
【道具をそろえる】
必要な物は、
・ジョイスティックコントローラー
・JoyToKey

「ジョイスティックコントローラー」「アーケードスティック」などで検索すればアマゾンで出てきます。
価格は安いものなら3,000円前後であります。
今回はパソコンにつなぐので、接続がUSB対応の物にしましょう。

JoyToKeyは無料なのでダウンロードするだけでOKです。
補足記事:JoyToKeyが無料な理由とインストール方法
 
 
 
【コントローラーでマウスを代替する】
一般的なコントローラーはこのような感じでしょう。

joystick-controller
今回は以下のように設定します。

ジョイスティック
マウスカーソルを移動できるようにします。

ボタン1
左クリックを割り当てます。

ボタン2
右クリックを割り当てます。

ボタン3
ドラッグ&ドロップができるようにします。
一度ボタンを押すと左クリックが押しっぱなしの状態になり、もう一度押すとそれが解除できるようにします。

ボタン4
Enterキーを割り当てます。
パソコンは、左ダブルクリックは「左クリックのあとEnterを押す」で代用できるからです。

ボタン5,6
今回は必要最低限の機能のみ設定するので、5と6は使いません。
 
 
 
【ジョイスティックの設定】
コントローラーをパソコンに接続し、JoyToKeyを起動します。

joytokey-5-8-2-main
JoyToKeyを起動し、「stick1:←」をダブルクリック

joytokey-jougesayuu
「stick1:←」つまりスティックを左に倒したときの設定なので、バーを左に動かします。
数値が大きくなるほどカーソル速度が速くなります。
とりあえず10くらいにしてみてあとで好みによって微調整しましょう。

「stick1:→」、「stick1:↑」、「stick1:↓」もそれぞれ方向に合わせて設定します。
 
 
 
【ボタン1に左クリック】

joytokey-5-8-2-main
「Button1」をダブルクリック

joytokey-5-8-2-mouse
上図はまだ設定がない状態です。
空欄になっている「左ボタン」にチェックを入れましょう。
そして「OK」を押します。
 
 
 
【ボタン2に右クリック】

joytokey-5-8-2-main
「Button2」をダブルクリック

joytokey-5-8-2-mouse
上図はまだ設定がない状態です。
空欄になっている「右ボタン」にチェックを入れましょう。
そして「OK」を押します。
 
 
 
【ボタン3でドラッグ&ドロップ】

joytokey-5-8-2-main
「Button3」をダブルクリック

joytokey-5-8-2-mouse
上図はまだ設定がない状態です。
空欄になっている「左ボタン」「押すたびにON/OFF切り替え(トグル)」にチェックを入れましょう。
そして「OK」を押します。
 
 
 
【ボタン4でEnterキー】

joytokey-5-8-2-main
「Button4」をダブルクリック

joytokey-5-8-2-button1
「キーボード入力:基本」の、4つある「Disabled」のうち一番上をクリックします。
選択したら「Enter」を押します。
するとDisabledがEnterになるので完了です。「OK」を押しましょう。
 
 
 
【これで完成!】
上記の設定によりマウスをコントローラーで代用することができました。

これで上肢機能に制限がある方でもパソコンのマウスカーソルが操作できます。

-JoyToKey

関連記事

JoyToKey解説(マウスタブ画面)

JoyToKeyの設定画面の一つである「Mouse」タブの解説をします。 「Mouse」タブはスイッチにマウスの動作を割り当てることができる設定です。       【「M …

障害者のためのJoyToKeyの活用例 ~応用編~

障害者のIT支援や特別支援教育でしばしば登場するJoyToKey。 補足記事:JoyToKeyとは? JoyToKeyは様々な設定ができる応用がきくソフトです。 今日はJoyToKeyの設定例を考えま …

JoyToKeyでマウス代替 カーソル速度切り替え付き

JoyToKeyでジョイスティックコントローラーにマウスの機能を割り当て、マウスを代用します。 脳性麻痺などによる肢体不自由や重症心身障害の方のパソコン操作機器に役立つでしょう。   &nb …

no image

ジョイスティックの福祉機器で10万円? それ、5千円で同じことできますよ。

上肢障害によりパソコンのキーボードやマウスが操作できない。 でもパソコンを使いたい。 そういうときにジョイスティックが選択肢になってきます。 ゲームセンターにあるようなスティックとボタンでゲームを操作 …

【随時更新】JoyToKey記事まとめ

ジョイスティックコントローラーなどのゲームパッドにパソコンの機能を割り当てるソフトであるJoyToKey。 パソコンでのゲームだけでなく、その多機能さから障害者のIT支援現場でも使われることが多いソフ …