Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

JoyToKey

JoyToKeyでマウス代替 カーソル速度切り替え付き

投稿日:

JoyToKeyでジョイスティックコントローラーにマウスの機能を割り当て、マウスを代用します。

脳性麻痺などによる肢体不自由や重症心身障害の方のパソコン操作機器に役立つでしょう。
 
 
 
【カーソル速度を2段階にする】
ゲームセンターにあるようなアーケードスティック型のコントローラーを使います。

通常のマウス機能に加えて、今回はカーソルの移動速度をボタンで変えることができるようにします。
 
 
 
【ボタンへの割り当て】
以下のように割り当てます。

ジョイスティックカーソル移動
ボタン1左クリック
ボタン2右クリック
ボタン3ドラッグ&ドロップ(左クリック押しっぱなし)
ボタン4Enterキー
ボタン5カーソル速度切り替え
ボタン6未使用
 
 
 
【設定 ~ジョイスティック~】

JoyToKeyを起動し「stick1:←」「stick1:→」、「stick1:↑」、「stick1:↓」についてそれぞれ設定します。
 
 

「Mouse」タブにてそれぞれの方向に設定します。
 
 
 
【ボタン1に左クリック】

「Button1」をダブルクリック
 
 

「Mouse」タブにて「左ボタン」にチェックをいれます。
 
 
 
【ボタン2に右クリック】

「Button2」の設定画面にて「右ボタン」をチェック
 
 
 
【ボタン3にドラッグ&ドロップ】
「Button3」にて

「左ボタン」と「押すたびにON/OFF切り替え(トグル)」にチェックを入れます。
 
 
 
【ボタン4にEnter】
「Button4」にて

キーボード入力の一番上の「Disabled」をクリックし、その状態で「Enter」キーを押します。
 
 
 
【ボタン5に速度の切り替え】
カーソル速度が「速い」と「遅い」があり、ボタン5を押すたびに「速い⇔遅い」と切り替わるようにしたいと思います。

補足記事:JoyToKey、ボタンを押して設定を切り替える
 
 

まず、ここまで設定してきたファイルをコピーします。
コピー元のファイルを例えば「設定1」、コピーしたファイルを「設定2」など好みの名前にしましょう。

「設定2」のカーソル移動の速度を「設定1」より速くか遅くしておきます。

 
 

ボタン5にて「他の設定ファイルに切り替える」を設定します。
「設定1」では「設定2」に切り替わるように、
「設定2」では「設定1」に切り替わるようにします。

こうすることで互いが互いの設定に切り替わるので、ボタンを押すたびに「速い⇔遅い」と切り替わるようになります。
 
 
 
【できあがり】
以上で設定完了です。

ドラッグ&ドロップもボタン1つでできるので、麻痺などにより片手しか使えなくてもパソコンを操作できます。

またカーソルの移動速度を切り替えられるので、細かい作業をするときに便利そうです。

これらの設定は「できマウス。」でも可能です。

-JoyToKey

関連記事

JoyToKeyでカーソル速度を切り替える② ~ボタンを押して設定を切り替える~

JoyToKeyによりスイッチやコントローラーでマウスカーソルを動かすとき、カーソル速度が1種類だと不便な場合があります。 車のギアチェンジのように、マウスカーソルの速度をボタンを押すことで切り替える …

JoyToKeyを起動した状態でゲームパッドは抜かないほうがいい

JoyToKeyのトラブル対応方法についてです。 JoyToKeyを起動したままゲームパッドやできマウスは抜かないほうがいいです。 当たり前と言えば当たり前ですが、 ゲームパッドを抜き差しするときは一 …

JoyToKeyとジョイスティックコントローラーで障害者用マウス操作機器を作る実例

パソコンを扱う上でマウスの存在は必須ですが、上肢障害によりマウスを使うことが困難な場合があります。 今日はJoyToKeyとジョイスティックコントローラーを使い、上肢障害の方のための代替機器を作ります …

no image

できマウスでスイッチを4個以上使う

できマウスは通常4つのスイッチをつなげることができます。 スイッチを差し込む穴は、黄色いシールが貼ってあるほうからButton1、2、3、4です。     できマウスをつなげJoy …

障害者のためのJoyToKeyの活用例 ~基礎編~

障害者のIT支援や特別支援教育でしばしば登場するJoyToKey。 JoyToKeyはパソコンにつなげたスイッチに様々設定をすることができるソフトです。 補足記事:JoyToKeyとは? JoyToK …