Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

重症心身障害児者のためのIT支援

重症心身障害児者が自分でカメラのシャッターを押して写真を撮る方法

投稿日:2017-05-19 更新日: 2017-05-19

写真は撮ってもらって後から思い出を振り返ることも楽しいですが、自分で撮りたいものを撮るという過程自体も楽しいものです。

一昔前は写真はカメラで撮るもので、それは今も変わりません。
変わったのはスマートフォンやタブレットという方法の選択肢が増えたことです。

これにより、従来はできなかった写真を撮るという活動が重度の身体障害を持つ方でも可能になりました。
 
 
 

写真を撮るために

 
写真を撮るためには2つの身体動作が必要です。

・カメラやスマホを手に持って支える
・シャッターを押す

これらの動作を同時にできなければいけません。
重症心身障害児者の方の場合、手で何かを持ちつつ、指や他方の手を動かすというのは難しい人が多いのではないでしょうか?

重症心身障害児者の方が自分で写真を撮るためにはこれらの動作を代用することが必要です。具体的には

・カメラやスマホを任意の位置に固定する
・本人が押しやすいシャッターを使う

これらを行う方法を考えたいと思います。
 
 
 

カメラ + リモコン

 
まず一番に考えられるのがカメラをリモコンシャッターで押す方法です。
デジタルカメラには専用のリモコンシャッターが売られています。

カメラをスタンドで固定し、リモコンシャッターを使えば写真を撮ることができます。

最近のデジカメは連射やセルフタイマーなど設定も豊富なのでいろいろな撮り方ができるでしょう。
 
 
 

タブレット + iPadタッチャー + スイッチ

 
次がタブレットにスイッチをつなげる方法です。
とは言ってもスイッチを直接つなげることができるタブレットはほぼありません。

ほとんどのタブレットに使えて、スイッチを接続できるようにする機器にiPadタッチャーがあります。


iPadタッチャーは先端を画面上にくっつけてスイッチを押すと、くっつけた部分に指でタップしたときと同じ反応を起こせます。
これを応用します。


タブレットのシャッター部分にiPadタッチャーをくっつければスイッチで写真を撮ることができます。

補足記事:iPadタッチャーとは?
 
 
 

スマホ + 自撮り棒

 
以前マナーの問題で世間をにぎわせた自撮り棒ですが、
重症心身障害児者の支援には便利な道具です。


自撮り棒は固定のための棒とシャッターが付属しているものがおすすめです。
これにより画面を直接タップしなくてもスイッチで写真を撮ることができます。

ただし、自撮り棒のシャッターは自分のスマホの機種に対応しているかよく確認してから購入しましょう。

-重症心身障害児者のためのIT支援

関連記事

脳性麻痺児がスーパーマリオを遊ぶための方法2つ

脳性麻痺などの障害児者の支援として、スイッチを使ってゲームを行うことがあります。 身体障害が比較的重度の場合、スイッチを押すなどの動作を練習することがあります。 スイッチを押せれば、ナースコールを押し …

重症心身障害児者がスイッチで音楽を聴く方法

音楽は多くの人が親しみのある娯楽の一つです。 しかし身体に重篤な障害があるとなかなか自分で音楽を鳴らしたり音楽機器を操作できないことがあります。 一昔前は音楽を聴くための機械と言えばラジカセやCDプレ …

重症心身障害児者がメールを楽しむ方法

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児者に関して、 通常のパソコンやタブレット、スマホを操作することができない場合のメールの操作方法を考えます。       メールというコミュ …

重症心身障害児者がインターネットを楽しむ方法

重症心身障害児者は日常生活動作(ADL)に困難があり生活が全介助になることも多いです。 そのため余暇活動も制限されることが多いでしょう。 そんなときにスイッチなど少ない身体動作でパソコンやタブレットを …

重症心身障害児者がたった1スイッチでメールを楽しむ方法

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児者の場合、日常生活動作(ADL)に困難があり生活が全介助になることも多いです。 そのため余暇活動も制限されることが多いでしょう。 生活の充実も人生には大切ですが、それと …