運動の対象年齢考察

何歳から階段を上るとき足がそろわず交互に出せる?~発達心理学より~

投稿日:2019-03-06 更新日: 2019-03-06

 
 

 
 
 

「毎回足がそろう上り方」「足を交互に出す上り方」それぞれ何歳?

幼児の階段の上り方は「毎回足がそろう上り方」「足を交互に出す上り方」がありますね。

それぞれ何歳くらいでできるものなのでしょう?

個人差はありますが、
「毎回足がそろう階段の上り方」は1歳後半頃
「足を交互に出す階段の上り方」は2歳半頃です。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

階段の昇り方・降り方

幼児期の階段の上り方は主に2つあります。

一方の足を1段目に出し、他方の足も1段目に。次に一方の2段目、他方も2段目。のように「毎回足がそろう上り方」。

一方の足を1段目に出したら、他方の足は2段目に出す。つまり「足を交互に出す上り方」。

「毎回足がそろう上り方」より「足を交互に出す上り方」が難しいです。

当然ながら、私たち大人がやっているのも「足を交互に出す上り方」ですね。

 
 
 

階段と子供の運動発達の関係

では「毎回足がそろう上り方」と「足を交互に出す上り方」、それぞれ何歳くらいでできるものなのでしょうか?

子供の発達を診る検査で信憑性の高いものの1つに遠城寺式乳幼児分析的発達検査というものがあります。

遠城寺式によると、
足をそろえながら階段を上るのは1歳6カ月~1歳9カ月相当、
足を交互に出して階段を上がるのは2歳4カ月~2歳6カ月相当

の発達であることがわかります。

 
 
 

まとめ

階段の上り下りの仕方には
「毎回足がそろう上り方」と、
「足を交互に出す上り方」があります。

一般に、
「毎回足がそろう上り方」より「足を交互に出す上り方」が難しいです。

では、「毎回足がそろう上り方」と「足を交互に出す上り方」、それぞれ何歳くらいでできるものなのでしょうか?

子供はおおむね1歳半くらいから手をつないだ状態で階段を少しずつ上り下りし始めます。

そして、
「毎回足がそろう階段の上り方」は1歳後半頃
「足を交互に出す階段の上り方」は2歳半頃

くらいからできはじめます。

あくまで目安ですが。

特に階段の上り下りは少なからず危険も伴うので、あまり年齢にこだわらず、あくまでお子さんのペースで行いましょう。

 
 
 

その他の記事

【小児発達】およそ3歳でできること

【小児発達】およそ4歳でできること

【小児発達】およそ5歳でできること

【小児発達】およそ6歳でできること

知能指数(IQ)の分布~そのIQは全体の何割か?

丸・三角・四角が書けるのは何歳から?~小児発達学より~

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?

生卵は何歳から?~子供の発達と食品の安全性から考察する~

そばは何歳から?~小児アレルギー学会の資料を参考に~

マクドナルドは何歳から?~小児発達と栄養学から考察~
 
 
 

参考資料

-運動の対象年齢考察