会話術

あなたを「空気を読めない人」にする要因7選

投稿日:2017-07-28 更新日: 2017-07-28

会話において、何気ないことで「この人は空気を読めない」と判断されてしまうことはよくあります。
今日は会話における何気なくしてしまう空気を乱してしまうことを挙げていきます。
 
 
 

聞き間違いをなくす

 
聞き間違いにより物事を勘違いしてしまう人がいます。

聞き間違いは誰しもあるものですが、
空気を読めない人は聞き間違いが多い。
空気を読める能力はあっても、聞き間違いをしてしまっては空気は読めません。

聞き間違いを減らす方法は、まずは相手の話をよく聞くこと。
相手が何を言いたいのが前後の会話から予測をすること。

前後の会話からの予測が乏しく、今この瞬間の言葉だけで聞き取ろうとすると情報量が少なく聞き間違いが発生してしまいます。
 
 
 

聞き返しを減らす

 
相手の話を良く聞きましょう。
前後の会話から相手の意志を汲み取りましょう。
聞き返してしまうことを減らしましょう。

いつでも「え?」と一回聞き返す人はめんどくさいです。

関連記事:空気が読めない人はよく聞き返す
 
 
 

その場で他の人が言わないような語彙を使わない

 
その場で他の人が言ってないような語彙をあえて使う必要はありません。
聞きなれない言葉や難しい言葉を使うと「え?」となって話が入ってきません。
その場に合ったもの、周りが使っている語彙で自分の話す内容も組立ましょう。
 
 
 

良い聞き手になる

 
人は聞くより話すほうが好きな動物です。
会話では聞き手にまわる方が無難です。

聞き手にうまくまわることができれば、
・相手が「自分の話ができた」と満足できます。
・相手の好きなものや考え方などを知ることができます。
・自分が話すことで会話に失敗するリスクが減ります。

聞き上手になることは得することが多いのです。

関連記事:良い「聞き手」になるために気をつけること
 
 
 

声の調子と身振りを相手に合わせる

 
声の大きさや身振りなどを相手に合わせるのも効果的です。

ミラーリング効果と言い、相手は自分と似た動作をされることで親近感を覚えます。もちろん過度に真似をし過ぎると逆に違和感を感じるでしょう。あくまで自然に。

空気が読めない人は声が大きすぎたり小さすぎたり、身振りが不自然だったりします。
相手や場が声の調子や身振りを合わせることで溶け込むことができます。

関連記事:声の大きさに気をつける
 
 
 

誰かと誰かの関係性を理解する

 
ある人の前ではAさんの恋愛の話題を話してもいいですが、別の人の前では恋愛話はNGということはよくあります。

人と人との関係性を考慮した上で会話を進めるのは重要です。

誰と誰が仲が良いのか。
誰と誰が秘密を共有しているのか。
誰が誰のことを嫌っているのか。

そういう自分以外の人間関係の把握をすることで、自分がとるべき言動というのがおのずと決まってくるものです。

関連記事:誰と誰が仲が良いかを考えるのは人間関係ですごく重要
 
 
 

冗談を言うときと真面目に話すときのタイミングを相手と合わせる

 
真面目な話ばかりでなく、時として気楽に冗談を言い合うのはコミュニケーションにおいて大切です。
しかし冗談を言うタイミングは相手と合わないと意味がありません。

相手が真面目な話をしたいのに冗談を言ってしまうと「面倒な人」になってしまいます。

相手が冗談を言っているのに真面目な話ばかりしては「堅い人」になってしまいます。

大切なのは相手の心情を察して、「真面目な話」と「冗談」を使い分けることです。
 
 
 
 
 
 
その他の記事:良い「聞き手」に必須な「7つの相槌」

-会話術