Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

会話術 恋愛

会話における異性の感じ方の違い。男女間の会話術

投稿日:2017-10-20 更新日: 2017-10-20

男女間での会話術を考えます。
男性と女性では話し方や感じ方が違うもの。
それゆえ異性を意識した会話術というものがあります。
 
 
 

男性にはプロセスを褒めてあげる

 
結果を褒めることもさることながら、
男性に対してはそのプロセスや払った努力を褒めてあげるようにしましょう。

褒めながらお願いするというのは男性を動かす鉄則です。
家庭なら「あなたが料理をしてくれたおかげで今日の食事はとってもおいしい」
職場なら「○○さんはエクセルに詳しいから心強いです」

褒めてあげると次ももっと頑張ろうと思うものです。
 
 
 

女性には存在自体を認め、褒める

 
男性は取り組んだ物事やそのプロセスを褒めてほしいものです。

その一方で、
女性の場合は「自分」という存在自体を認めてほしい、褒めてほしいという欲求があります。

例えば料理を作ったら、
「この料理がおいしい」ではなく、
「君が作ってくれたからおいしい」といった感じです。

「料理がおいしい」だけでは「ただの家政婦さん」になってしまいます。

「他の誰でもない、君という人間が素晴らしい」といったニュアンスを含めることが女性を褒める際の鉄則です。
 
 
 

言い訳を全部吐き出す

 
異性間だけでなく同性間でも共通することですが、意見がぶつかったり喧嘩になることが時としてあるでしょう。

そんなとき、相手が何か言い訳をしてくることもあるかもしれません。

相手の言い訳は頭から否定するのではなく、まずは全部聞いてあげること。

言い訳を全部吐き出したあとに建設的な会話はできるものです。

言い訳を遮っても、相手は消化不良でズルズルといってしまいます。
それが言い訳あったとしても、最後まで聞き相手を受け入れる姿勢が必要です。
 
 
 

互いの相性の良さをアピールする

 
「自分がいかに優れた男性か」
「自分がいかに素敵な女性か」
そういうことばかりアピールするような会話をしても、意外と互いの関係は深まらないものです。

「自分がいかに優れているか」をアピールするより「互いがいかに相性が良いか」をアピールすることが重要です。

このとき、上っ面だけで相性の良さをアピールしても相手からしたら「は?」といった感じです。

互いの相性の良さをアピールするためには相手のことを知ることが重要です。
具体的には相手とあなたの共通点を多く見つけることが大切です。

 
 
 

男性はプライドが傷つくと怒る

 
男女では怒るポイントというのが微妙に違っていて、
男性の場合はプライドを傷つけられたときに怒ることが多いです。

そのため男性に何かを指摘するときは相手の面子が保てるような指摘の仕方をするとスッと受け入れてくれます。
 
 
 

女性は理解しようとしてもらえないと怒る

 
女性の場合は気持ちを理解してくれようとしないときに怒ることが多いです。

話を聞かず、気持ちを理解しようとせず、
ただ単にアドバイスしたり的外れな言い訳をしていると女性は腹が立ちます。

「わかってあげられなくてごめんね。もう一度気持ちを聞かせてほしい」

気持ちを汲み取れなかったことを謝った上で、相手の気持ちを理解しようと努める姿勢が大切です。
 
 
 

隠しごとは前置きをした上で丁寧に打ち明ける

 
男女間、特に恋人や夫婦など特別な関係なら隠しごとはできるだけしないのがベスト。

もし隠しごとをしてしまってしかもそれを打ち明けないといけないなら、前置きをした上で丁寧に打ち明けましょう。

「不景気で給料が下がった」ではなく、
「同僚たちと労働組合を通してかけあっただけど、やはりこの不景気でうちも給料が下がることになったんだ。すまない」

「内緒でブランドのバッグを買ってしまったの」ではなく、
「独身の頃からずっと欲しかったバックがやっと見つかって、相談せずに悪いとは思ったけど買ってしまったの。ごめんなさい」

もちろん、隠しごとはしないのがベストですよ。
ただ打ち明けないといけないことがあるときは予防線をはるのは処世術です。

 
 
 

ただただ愚痴を聞く

 
パートナーが愚痴を言いだしたとします。
それは会社のことかもしれないし友人のことかもしれません。

いずれにせよ、愚痴を聞くことに嫌気がさしても否定したりアドバイスを無理やりしてはいけません。

愚痴はただただ聞いてあげること。
愚痴を聞いてもらうことで相手は満足します。
それに「ただただ聞く」という行為が相手の愚痴を一番早く終わらせるコツです。

急がば回れ。
 
 
 
 
 
 
【参考文献】
『プロカウンセラーの聞く技術 話す技術』マルコ社、2012年
 
 
 
関連記事:「好きです、付き合って下さい」以前に付き合えるかわかる

関連記事:真似るは学ぶ。聞き上手が実践している模倣術

-会話術, 恋愛

関連記事

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたときに相手がどのように受け止めるかを研究したものです。 アルバート・メラビアンという人が実験をし発見しました。     &nbs …

相手とより信頼関係を築く会話術

会話をというのはやり方次第で相手と信頼関係を築くことができます。 そこには聞き方・話し方のテクニックというものがあって、ただ漫然と話すことではありません。 今日はより信頼関係を築ける会話の仕方をまとめ …

【会話術】事前に何を話そうか考えても、実際はあまり役に立たない

何を話していいかわからない。 人と話すときに緊張してうまく話せない。 人とのコミュニケーションが苦手な人は人との会話に関しても苦手意識を持つことが多いです。 上手に会話ができるようになりたいと思った時 …

人の話を聞くときにしてはいけないこと

コミュニケーションは上手く話すより上手く聞くことの方が重要であったりします。 誰しも自分の話を聞いて欲しいからです。 話もただ聞けばよいというものではなく、聞くときに気をつけることというのがあります。 …

「好きです、付き合って下さい」以前に付き合えるかわかる

「好きです、付き合って下さい」 男女問わず、この言葉は誰しもがドキドキ緊張する言葉でしょう。 意中の異性に告白し、 「はい」と言われれば天にも昇る気持ちでしょうし、 「ごめんなさい」と言われればその場 …