Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

構音

子供の滑舌の練習は、ローマ字で考えるとわかりやすい。ローマ字日本語発音練習法

投稿日:2017-04-20 更新日: 2017-04-20

子供の稚拙な発音はかわいいものですが、それが長く続きすぎると心配になってくるのも親心でしょう。

子供は誰しも舌足らずな子供特有の発音の時期を経て、次第に日本語の音の出し方を学んでいきます。
そしてそのペースは人それぞれです。

しかしながら、そのペースが極端に遅い場合は発音練習が必要になる場合があります。

補足記事:子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?
 
 
 

ローマ字で考える

 
日本語の音を練習する場合、ローマ字で考えるとわかりやすいです。

例えば、「ぱ」という音。
ローマ字で書くと「pa」ですね。

「pa」という音は「p」という音と「a」という音を組み合わせることで出すことができます。

「a」は簡単ですね。
日本語の「あ」が「a」の音に相当します。

そして「p」の音?と思った人もいるかもしれません。
日本語は「p」単体で使うことはない言語です。
 
 
 

言語の音の認識

 
人間は母国語の音の認識の仕方を無意識に学んでいます。

例えば外国の人は「L」と「R」の音の区別ができ、日本人はできないという話は有名ですね。

認識していないものは存在していないのではなく、
認識できない存在するものというのがあります。

日本語は「pa」を一つの音として認識する言語であるため、「p」だけの音は馴染みがないのです。
 
 
 

「pa」は「p」と「a」

 
「p」の音は唇をくっつけて離す音です。
ちょうど鯉が口をパクパクさせる感じです。
勢いよく唇をパクパクさせたら、空気は破裂するような音が出ると思います。
これは「p」の音です。

「a」の音は「あ」です。
つまり口を大きく開けて口の中の空気を解放するような音です。

補足記事:子供の滑舌。「あいうえお」(母音)の発音の仕方

「pa」は「p」と「a」を組み合わせて出します。
つまり唇を一旦閉じ、そして勢いよく口を大きく開けて口の中の空気を解放する音です。
 
 
 

滑舌改善のコツ

 
このように音の出し方についてはローマ字で分解して考えることが懸命です。

なぜなら、
同じ「ぱ(pa)」の音が出せない人でも「p」ができていないのか「a」ができていないのかで練習が異なるからです。

「p」が出せていないなら、
唇をしっかりくっつけて空気をためこむ練習が必要です。勢いよく唇を離す練習も必要でしょう。

「a」の音が出せていないなら、
口を大きく開けることが必要です。声帯がしっかり動いているかも確認する必要があるでしょう。
 
 
 
補足記事:子供の発音は何歳で完成するのか?

関連記事:子供の発音の練習の仕方

-構音

関連記事

子供の滑舌に役立つ、口を動かす遊び

子供も発音は年齢とともに上手くなっていくものですが、 口の動きが不器用な子の場合はなかなか発音を習得できない場合があります。 発音のことを医学的には構音。 滑舌を改善するためのトレーニングを構音訓練と …

構音訓練の代表的な手技5選

発音のことを医学用語で構音と言います。 構音のトレーニングのことを構音訓練と言ったりします。 滑舌が気になるお子さんにとって構音訓練は大切です。 今日は構音訓練の代表的な手技をまとめます。 補足記事: …

鼻咽腔構音とは?

鼻咽腔構音とは構音障害における異常構音のひとつです。 異常構音は「置換」や「歪み」といった正しい構音を阻害する要因につながります。 関連記事:機能性構音障害とは?     &nbs …

「さしすせそ」(サ行)の発音練習まとめ

「さしすせそ」(サ行)の発音練習についてのまとめです。 発音練習のことを医学的には構音訓練と言ったりします。 「さしすせそ」がうまく言えない場合の練習方法をまとめます。     & …

カ行の発音練習(1)~練習のための前提条件~

子供の滑舌は自然に上達する場合が多いですが、 中には練習が必要なお子さんもいます。 発音の練習を専門用語で「構音訓練」と言ったりもします。 今回は日本語の音の中で苦手なお子さんをしばしば見られるカ行の …