Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

検査

【検査】KIDS乳幼児発達スケールとは?

投稿日:2018-02-20 更新日: 2018-02-20

KIDS乳幼児発達スケールとは小児用の検査のひとつです。

KIDSは「キッズ」と読みます。
Kinder Infant Development Scaleの頭文字をとってKIDSです。

小児用の検査を作って頭文字をとったらちょうどキッズ(子供)だった的な感じなのでしょうか。
 
 
 

検査形式

 
KIDS乳幼児発達スケールはお子さんの発達全般をみる検査です。

検査の形式は問診あるいは記入してもらう方式。

「スキップができる」といった各項目にお子さんが該当するか○か×で答えてもらいます。
 
 
 

○か×かの判断基準

 
子供はできることでもやってくれるときもあればやってくれないときもあるし、できたりできなかったりすることもあります。

KIDSの項目を答えていく際の○か×かの判断基準は参考になるでしょう。

○の判断基準
・明らかにできる
・過去にできた
・やったことはないが、やらせればできる

×の判断基準
・明らかにできない
・できたりできなかったりする
・やったことがなくてわからない

「できたりできなかったり」は「×」であることや、「やったことがなくてやらせてみないとできるかわからないもの」は「×」であることなどは参考になりますね。
 
 
 

KIDSをとってわかること

 
KIDS乳幼児発達スケールを実施すると、各分野別のお子さん発達年齢がわかります。

KIDSにおける各分野とは、
・運動:体全体の大きな動き
・操作:手指などの意図的な動き
・理解言語:言葉の理解
・表出言語:話すことのできる言語
・概念:状況依存によらない言語的理解
・対子ども社会性:友達との協調関係
・対成人社会性:大人との関係、特に親子関係
・しつけ:社会生活における基本的なルール
・食事:衛生感覚や食事の基本的なルール
の計9項目です。

KIDSの特徴としては、問診方式なので実施か簡単なこと。
検査項目が豊富でお子さんの状況を比較的細かに把握できること。

さらに、抽象的な能力である「概念」という項目をみることができる。社会性を「対子供」「対大人」とわけて評価できる。といった点は他の検査にはあまり見られないおもしろいところです。

子供って子供同士のときと大人に対する反応が違いますからね。
 
 
 

対象年齢は?

 
KIDSの対象年齢は0歳~6歳11カ月です。
つまり生後からだいたい小学校入学前時期。
幼稚園・保育園の時期に相当します。
 
 
 

検査用紙のこと

 
これもKIDSの特徴なのですが、
KIDSは年齢によって検査用紙が分かれています。

それぞれはタイプという形で名称がつけられていて、
タイプA:0歳1ヶ月~0歳11ヶ月
タイプB:1歳0ヶ月~2歳11ヶ月
タイプC:3歳0ヶ月~6歳11ヶ月
タイプT:0歳1ヶ月~6歳11ヶ月

というふうになっています。

当然ながら年齢幅が広いタイプTが一番検査項目が多く記入に時間がかかります。
基本は年齢に合わせてタイプA~Cを使います。

ではタイプTはどういうときに使うのかというと、発達のばらつきや遅れが目立つ場合に用います。
 
 
 

タイプTのこと

 
このように、KIDSは検査用紙が4種類に分かれていて、
タイプA・B・Cと比べてタイプTはちょっと特殊。

タイプA・B・Cは全てを記入してその合計で各分野の発達年齢を算出します。
つまり、例えば運動項目は全部の運動項目を答えてその合計点を出さないと子供の発達年齢はわかりません。
「スキップができる・できない」こと自体が何歳相当なのかというのはわからない。

これに対し、タイプTはそれぞれの項目に相当する月齢が記されています。
そのためタイプTは合計の発達年齢も出せるし各項目の正常発達における年齢の目安も知ることができます。

例えば「スキップができる」という項目はタイプTにて49か月。つまり4歳1カ月相当であることがわかります。

ちなみにタイプA・B・Cの項目とタイプTの項目は被っているので、タイプA・B・Cの項目もタイプTをみればおおよそ課題の相当年齢はわかります。
 
 
 

KIDSの各項目の設定年齢

 
KIDSは1989年に作られた検査です。
乳幼児6,000名によって標準化された日本生まれの検査です。

1989年と聞くと古い印象を受けますが、この手の類の検査としては比較的新しい方です。

時代が進むにつれ、保育園の利用が増えたり「お受験」をする子が増えている昨今、子供の「できること」というのも一昔前と比べると異なります。

そのため、類似した検査である津守式や遠城寺式と比べると項目によってはずいぶんと年齢が若く設定してあります。

例えば「スキップができる」はKIDSでは4歳1カ月相当の項目。
遠城寺式では4歳4カ月~4歳8カ月相当に設定されています。

補足記事:遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは?
 
 
 

KIDSを見てみたい

 
KIDSはネットでも購入できます。
一式セットで1万円弱。

外部リンク:KIDS乳幼児発達スケール(千葉テストセンター)

また、KIDSの一部だけならネット上で無料で見本を閲覧できます。

外部リンク:KIDSの見本(発達科学研究教育センター)
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
津守式乳幼児精神発達質問紙とは?

自閉症スクリーニング質問紙 (ASQ)とは?

【検査】LCスケールとは?

-検査

関連記事

no image

大島分類(横地分類)とは? 脳性麻痺や重症心身障害児の評価に便利

多様な症状がある脳性麻痺。 症状もその重症度も千差万別で、結局「人による」「状況による」といった曖昧な評価になりがちです。 特別支援教育やリハビリテーションの現場では大切なお子さんをおあずかりして療育 …

発達検査を実施する上での難易度の判断基準

子供の成長や状況を把握する発達検査。 発達検査は知能指数がわかる知能検査が最も有名ですが、 他にも細分化されいろいろあります。 運動発達の検査や手先の器用さ、視覚能力、言語能力、感覚の特徴。 いろいろ …

Barthel Index(バーセルインデックス)とは?

Barthel Index(バーセルインデックス)とは日常生活動作(ADL)を評価する方法の1つです。     【目次】 1. Barthel Indexとは? 2. Barthe …

【検査】LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)とは?

LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)とはお子さんを対象にした言語検査です。 未就学児(小学校入学前のお子さん)を対象にした言語検査であるLCスケールの小学生版にあたります。 関連記 …

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは?

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは小児における発達検査のひとつです。 九州大学の遠城寺さんが作ったことからこの名前になっています。 1958年に作成され、その後に一度改定されてから現在に至ります。 改定 …