Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

吃音

【吃音の症状】非流暢性の症状の種類

投稿日:2017-05-28 更新日: 2017-05-28

吃音は会話の流暢性が障害された状態です。

会話の流暢性を阻害する症状の中で、
吃音独自の症状を「吃音の中核症状」と言います。

補足記事:吃音の中核症状の種類

その一方で、うまく話せなかったり流暢に話せないことは吃音でない人にも少なからずあります。

吃音でない人にも見られる、会話の流暢性を阻害する症状を「非流暢性」と言います。

吃音者の会話のしにくさは、「中核症状」と「非流暢性」から成るわけです。

今日は「非流暢性」の症状を見ていきます。
 
 
 

語句の繰り返し(WR)

 
語句が繰り返される症状です。

「わたし、わたしは佐藤と言います」
「なすと、なすとトマトのパスタをお願いします」

語句の一部ではなく語句がまるまる繰り返されます。

「わた、わたしは佐藤と言います」
「な、な、なすとトマトのパスタをお願いします」
など一部の音を繰り返すのは中核症状になります。
 
 
 

言い間違い(Er)

 
文字通り言い間違いです。
読み間違いや音の誤りです。

「わたす、わたしは佐藤と言います」
「なすととまた、トマトのパスタをお願いします」

吃音は本人の意図とは異なり非流暢になってしまう状況です。
つまり言いたいようにしゃべれないのです。

言い間違いに関しても、
言おうと思ったことと違った言葉が出てしまったという状況が症状判別のポイントになります。

吃音の非流暢性症状における「言い間違い」とは、
本人が誤りを修正したときのみカウントします。

修正がなかった場合は、そもそも本人が勘違いしていて言おうと思ったことをその通りに言っただけの可能性があるので症状としてはカウントしません。
 
 
 

言い直し(Rv)

 
文節としては成立している部分を言い直した場合です。

言い間違いとの違いは、
言い間違いは文節的にも不自然で、
言い直しは文節的には間違っていないところです。

「わたす、わたしは佐藤と言います」は言い間違いです。
「私」を「わたす」と誤っているからです。

「わたしが、わたしは佐藤と言います」は言い直しです。
「わたしが」というのは後の文脈次第では成立するからです。
 
 
 

挿入(Ij)

 
文脈とは関係のない言葉が入ってくることです。
吃音者に関わらず、誰しも経験があるでしょう。

「えーっと、わたしは佐藤と言います」
 
 
 

中止(Ic)

 
文節などが未完全に終わってしまうことです。

「こん、わたしは佐藤と言います」
(「こんにちは」と言おうとしてやめた)
 
 
 

間(Pa)

 
語句の間に不自然な間があることです。

「わたしは佐藤と   言います」

ちなみに似ている症状として、
中核症状の「阻止(Bl)」「とぎれ(Br)」があります。

阻止(Bl)はしゃべろうとする運動が完全に停止します。
語句の中でも起こります。

とぎれ(Br)はBlと異なり完全には停止しません。

間(Pa)は語句と語句の間で起こり、語句の中は該当しません。

「わた しは佐藤と言います」は阻止かとぎれであり、間ではありません。

-吃音

関連記事

【吃音の症状】プロソディーに関わる症状

吃音の症状においてプロソディーに影響を与える症状を見ていきます。 プロソディーとは言葉のアクセントやイントネーションのことです。 「雨」と「飴」のようにプロソディーによって言葉の意味は変わってきます。 …

【吃音の症状】工夫症状

吃音は会話の流暢性が障害された状態です。 吃音者によっては、うまく話そうとするが故に見られる工夫症状があります。 工夫をすることで音の繰り返しや途切れを軽減したり避けることが可能です。 しかし工夫する …

吃音を軽減させるテクニック

吃音は現代でも完全な治療方法は確立されていません。 そのため吃音に対してできることは できるだけ軽度の状態を維持すること。 吃音を本人・周囲ともに正しく理解し、2次障害を防ぐことに尽きます。 吃音を軽 …

【吃音の症状】随伴症状の種類

吃音の症状は実際の発話だけにはとどまらない場合があります。 しゃべりに関わる症状以外で、身体の動きに影響が出ているものを随伴症状と言います。 随伴症状は略号はASCとされます。 随伴症状はその内容によ …

【吃音の症状】中核症状の種類

吃音は会話の流暢性が障害された状態です。 会話に詰まったり上手く話せないことは誰しもありますが、 その中でも特に流暢性に影響を与えるもの、吃音において特徴的な症状を吃音の中核症状と言います。 &nbs …