Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

まとめ 吃音

【吃音の症状】吃音の症状まとめ

投稿日:2017-06-02 更新日: 2017-06-02

吃音は会話の流暢性が障害された状態です。

吃音の症状には様々なものがあり、いくつかの種類に分類されます。

吃音の各症状をまとめます。

補足記事:吃音とは?
 
 
 

中核症状

 
吃音者に限らず、誰しもが時として円滑に話せなかったり言葉につまることはあるでしょう。

会話を非流暢にする症状の中で、
吃音ではない人にはほとんど見られないのに吃音者にはよく見られる症状があります。
これらを吃音の中核症状と言います。

→吃音の中核症状
 
 
 

非流暢性の症状

 
中核症状は吃音者固有の症状です。
中核症状に対して、吃音ではない人でも見られる症状を非流暢性の症状と言います。

吃音者によっては、これら非流暢性の症状が非吃音者より多かったりします。

→吃音の非流暢性の症状
 
 
 

プロソディーの症状

 
言葉に詰まったり、音を繰り返したりするだけが吃音の症状ではありません。
プロソディーとは言葉のアクセントやイントネーションのことです。
これらが吃音にではしばしば不自然になったりします。

→プロソディーに関わる症状
 
 
 

工夫

 
吃音歴が長くなってくると、どもらないように苦手な言葉を避けたりはずみをつけてしゃべろうとしたりします。

吃音における工夫は処世術的なポジティブな側面と、
苦手な言葉を言わずに本心を隠したりするネガティブな側面があります。

そのため工夫が良いか悪いかは状況によります。

大切なのは自分の言いたいことを吃音の有無に限らず言えることです。

→吃音の工夫症状
 
 
 

随伴症状

 
吃音によって言葉が出にくいと、言葉をなんとか出そうと身体の動きが伴うことがあります。
これらを随伴症状と言います。

随伴症状はその出方により吃音の重症度の目安にもなります。

→吃音の随伴症状
 
 
 

最後に・・・

 
吃音は薬の服用やトレーニングで完全に治せるとは言い切れない症状です。
吃音はまだ治療法が現代では確立されていないのです。

ただし吃音を軽減させる方法はいくつかあるので最後にそれらを紹介したいと思います。

→吃音を軽減させるテクニック

-まとめ, 吃音

関連記事

【吃音の症状】中核症状の種類

吃音は会話の流暢性が障害された状態です。 会話に詰まったり上手く話せないことは誰しもありますが、 その中でも特に流暢性に影響を与えるもの、吃音において特徴的な症状を吃音の中核症状と言います。 &nbs …

【年齢別】子供(幼児)との遊び方

子供と一緒にどんなことで遊びましょうか?     【目次】 1. どんな遊びが成長を促す? 2. 年齢別、子供との遊び方  3歳児との遊び方  4歳児との遊び方  5歳児との遊び方 …

重症心身障害児者のためのIT支援 方法まとめ

脳性麻痺などに伴う重症心身障害児者の方への支援方法のひとつにIT支援があります。 パソコンやタブレット、そのほか電子機器を用いて身体面や知的面を補助し、活動の自立やコミュニケーション能力の向上を目指し …

大人のソーシャルスキルに役立つ教訓たち

ソーシャルスキルとは社会生活や人間関係を良好に築いていくための能力のことです。 アスペルガー症候群や発達障害を持つ人にとってはこのソーシャルスキルを気づき理解することが難しい場合があります。 大人にな …

吃音を軽減させるテクニック

吃音は現代でも完全な治療方法は確立されていません。 そのため吃音に対してできることは できるだけ軽度の状態を維持すること。 吃音を本人・周囲ともに正しく理解し、2次障害を防ぐことに尽きます。 吃音を軽 …