恋愛 暗黙のルール

【暗黙のルール辞典】恋人がいる人ほどモテる

投稿日:2018-09-20 更新日: 2018-09-20

 
 

 
 
 

1. 恋人がいる人ほどモテる

恋人がいる人ほど、モテるというのは男女共通の傾向です。

恋人がいたり、結婚している人ほど相手に好感を持たれる可能性が高くなり、結果としてモテます。

一般的に、恋人とは1対1の関係です。
浮気など一部例外もありますが。

1対1の関係なので、本来は恋人がいない人の方が自分とパートナーになる確率は高い。

だから恋人がいない人の方がモテそうな気がします。

けれど実際は、
恋人や配偶者がいる人、あるいはつい最近まで恋人や配偶者がいた人のほうがモテます。

なぜでしょう?
 
 
 

2. 素敵な人と付き合いたい

多くの人は、「付き合うなら誰でもいい」わけではありません。

自分にとって、「素敵な人」と出会い、付き合いたいものです。

どういう人が素敵な人なのか。
それは人によって異なるでしょう。

しかしながら、

1つの目安として、

恋人がいる人というのは、少なくとも1人以上が「素敵な人」と思った人です。

恋人がいる人は、恋人がいない人より魅力が確定している可能性があるわけです。

もちろん、そうとは限らない場合もあります。

恋人がいても素敵じゃない人もいますし、
恋人がいなくても素敵な人はいます。

だからあくまで確率論。

しかし人は、心理学的にも、

「恋人がいるということは、誰かが魅力に感じてしまうほど素敵な人なのではないか」と思ってしまう節があります。
 
 
 

3. 恋人がいるという事実自体が魅力になる

恋人が一度もいたことがない人がいる一方で、

恋人が次から次にできる人
浮気を何度も繰り返す人
複数の人と同時に付き合う人

がいます。

これはその人自身が、恋愛に関するコミュニケーションがうまいという側面もあるでしょう。

しかしそれとは別に、

恋人がいるという事実自体がその人の魅力になっている場合があります。

「富む人はさらに富む」という言葉があります。

何かを持っている人はさらに懐にものが入ってくるということです。

恋愛も似た傾向があります。

一旦、モテるという状態になるとさらにモテるという良い循環に入っていきます。
 
 
 

4. モテ期の作り方

恋人がいる人ほど恋人ができる。

これは異性との仲全般に言えることです。

つまり、

異性と話すと異性と話す機会が増える。

異性の友達が多い人ほど異性の友達が増える。

異性の友達が多い人ほど恋愛に発展するチャンスも増える。

恋愛は挑戦し行動することで良い循環になっていくとも考えられます。

恋人がいる人ほどモテるというのは、恋人がいない人にとってはネガティブに感じるかもしれません。

けれど、まずは異性と話してみるとか、異性と遊んでみるといった自分にできることから始めることで、良い循環に入ることがあります。

要するに、モテ期というやつですね。
 
 
 

5. その他の記事

「好きです、付き合って下さい」以前に付き合えるかわかる

会話における異性の感じ方の違い。男女間の会話術

【恋愛教訓】友達の「好き」と恋人の「好き」の違い

-恋愛, 暗黙のルール