Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

まとめ 構音

構音訓練まとめ

投稿日:

「構音」とは発音の医学用語です。
発音がうまくいかないことを医学的には「構音障害」
発音の練習をすることを「構音訓練」と言ったりします。

構音訓練に関するまとめページです。
 
 
 

前置き

 
構音障害とは?
構音障害とは具体的にどのような状況を指すのでしょう?

機能性構音障害とは?
構音障害の中で最も子供たちに見られるものが機能性構音障害です。
 
 
 

基本

 
発声発語器官の名称 ~人はどうやって声を出すのか?~
まずは声を出すための身体の部分を見ていきます。

子供の発音は何歳で完成するのか?
人間は何歳で日本語の音を獲得するのでしょう?

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?
練習は内容も大切ですが、始める時期も同じくらい重要です。
 
 
 

練習方法総論

 
子供の発音の練習の仕方

子供の滑舌の練習は、ローマ字で考えるとわかりやすい。

苦手な音がどこにくるかで発音の難しさは変わる
 
 
 

各音の発音の仕方

 
「あいうえお」(母音)の発音の仕方

「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方

-まとめ, 構音

関連記事

大人のソーシャルスキルに役立つ教訓たち

ソーシャルスキルとは社会生活や人間関係を良好に築いていくための能力のことです。 アスペルガー症候群や発達障害を持つ人にとってはこのソーシャルスキルを気づき理解することが難しい場合があります。 大人にな …

子供の滑舌 苦手な音がどこにくるかで発音の難しさは変わる

「おやつ」が「おやちゅ」になる。「おさかな」が「おちゃかな」になる。 子供のあどけない発音はかわいいものですが、それと同時に子供の発音の上達も親の関心ごとの一つでしょう。 一般に日本語の音の発音は5歳 …

構音訓練の代表的な手技5選

発音のことを医学用語で構音と言います。 構音のトレーニングのことを構音訓練と言ったりします。 滑舌が気になるお子さんにとって構音訓練は大切です。 今日は構音訓練の代表的な手技をまとめます。 補足記事: …

発声発語器官の名称 ~人はどうやって声を出すのか?~

人は声を出します。(= 発声) 声は様々な音に調整され結果として人はしゃべることができます。(= 発語) 人が声を出し話すために必要な体の器官を発声発語器官と言います。 人は発声発語器官をどのように使 …

子供の滑舌。「あいうえお」(母音)の発音の仕方

母音(あ・い・う・え・お)は日本語の基礎となる音です。 上手な発音のためには上手な母音の発音は欠かせません。 今日は母音の発音の仕方を見ていきましょう。       【人 …