まとめ 構音

「さしすせそ」(サ行)の発音練習まとめ

投稿日:

「さしすせそ」(サ行)の発音練習についてのまとめです。
発音練習のことを医学的には構音訓練と言ったりします。

「さしすせそ」がうまく言えない場合の練習方法をまとめます。
 
 
 

前知識

 
人はどうやって声を出すのか?
発音に必要な器官を頭に入れておきましょう。

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?
構音訓練は、必ず適切な時期に行うようにしましょう。早過ぎても遅過ぎてもダメです。

まずは音の意識をつけていこう
ここがしっかりできていないと、練習効果は半減。だた辛い練習が続くだけになってしまいます。
 
 
 

練習の流れ

 
音の意識の練習
発音練習を並行して音の意識の練習も必要です。

発音の練習の仕方
発音練習に至るまでの流れです。順序を踏まえて手堅くいきましょう。
 
 
 

具体的な練習方法

 
「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方
「さしすせそ」という音の性質がわからないと練習はできませんし子供に教えることもできません。
 
 
1.舌の基礎練習
サ行の音は舌を使う音です。サ行の発音に必要な舌の動きを身につけます。

2.「す」単発の音の練習
まずはゆっくり「す」と単発で言えるようになりましょう。

3.単語の発音
単語は「す」がどの位置にくるかで難易度が変わります。
世の中に言葉は無数にありますが、ポイントを押さえ効率的に練習していきましょう。

4.文章の発音
文章は暗唱・復唱・音読などいろいろなパターンで行いましょう。

5.「さ」「せ」「そ」の練習
取り組みやすい「す」の音が完成したら、次は他の音をマスターしていきます。

6.「し」の練習
「し」は「さすせそ」の音とは発音の仕方が微妙に異なるので、違いを把握して練習しましょう。

-まとめ, 構音