Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

まとめ 構音

「さしすせそ」(サ行)の発音練習まとめ

投稿日:

「さしすせそ」(サ行)の発音練習についてのまとめです。
発音練習のことを医学的には構音訓練と言ったりします。

「さしすせそ」がうまく言えない場合の練習方法をまとめます。
 
 
 

前知識

 
人はどうやって声を出すのか?
発音に必要な器官を頭に入れておきましょう。

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?
構音訓練は、必ず適切な時期に行うようにしましょう。早過ぎても遅過ぎてもダメです。

まずは音の意識をつけていこう
ここがしっかりできていないと、練習効果は半減。だた辛い練習が続くだけになってしまいます。
 
 
 

練習の流れ

 
音の意識の練習
発音練習を並行して音の意識の練習も必要です。

発音の練習の仕方
発音練習に至るまでの流れです。順序を踏まえて手堅くいきましょう。
 
 
 

具体的な練習方法

 
「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方
「さしすせそ」という音の性質がわからないと練習はできませんし子供に教えることもできません。
 
 
1.舌の基礎練習
サ行の音は舌を使う音です。サ行の発音に必要な舌の動きを身につけます。

2.「す」単発の音の練習
まずはゆっくり「す」と単発で言えるようになりましょう。

3.単語の発音
単語は「す」がどの位置にくるかで難易度が変わります。
世の中に言葉は無数にありますが、ポイントを押さえ効率的に練習していきましょう。

4.文章の発音
文章は暗唱・復唱・音読などいろいろなパターンで行いましょう。

5.「さ」「せ」「そ」の練習
取り組みやすい「す」の音が完成したら、次は他の音をマスターしていきます。

6.「し」の練習
「し」は「さすせそ」の音とは発音の仕方が微妙に異なるので、違いを把握して練習しましょう。

-まとめ, 構音

関連記事

構音訓練まとめ

「構音」とは発音の医学用語です。 発音がうまくいかないことを医学的には「構音障害」、 発音の練習をすることを「構音訓練」と言ったりします。 構音訓練に関するまとめページです。   &nbsp …

カ行の発音練習(5)~ 文章の練習~

発音のことを医学的に構音と言います。 発音の練習をすることを専門的には構音訓練と言ったりします。 「かきくけこ」の構音訓練についての続きです。 前回の記事:カ行の発音練習(4)~単語の練習~ &nbs …

子供の滑舌に役立つ、口を動かす遊び

子供も発音は年齢とともに上手くなっていくものですが、 口の動きが不器用な子の場合はなかなか発音を習得できない場合があります。 発音のことを医学的には構音。 滑舌を改善するためのトレーニングを構音訓練と …

小児疾患まとめ

療育の対象になるような小児疾患をまとめました。       発達障害関連   発達障害とは?   自閉症スペクトラム(ASD)とは?   A …

子供の滑舌 「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方

「ありがとうございまちゅ」「じゅーちゅのむ」 「さしすせそ」の音が「たちつてと」や「ちゃちゅちょ」になる。 「サ行」が「タ行」になる発音は幼児の滑舌にはよくあることです。 子供の滑舌というものはある程 …