Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

構音

【子供の滑舌】音の意識の練習

投稿日:2017-06-07 更新日: 2017-06-07

子供の滑舌は成長ともに成長していきますが、中には練習が必要な場合もあります。

発音の練習をすることを専門用語では構音訓練と言ったりします。
 
 
 

音の意識

 
発音の練習をする上で、前提となるのは音の意識です。

音の意識ができていないといくら口を動かして声を出しても上達は難しいです。

正しく音を把握する力があってはじめて練習が活きてくるのです。

音の意識とは具体的には何を指すのか?
これについては以下をご参照ください。

補足記事:【子供の滑舌】まずは音の意識をつけていこう
 
 
 

練習 ~手遊び~

 
まずは手遊びなので音の意識をつけていきます。

例えば「アイス」という単語なら「あ・い・す」といった具合に
音の数だけ手を叩きながら声に出していきます。

「あ・い・す」
「ば・な・な」
「も・も」
「お・か・し」

はじめは2~3文字の単語で。
小さい「ゃゅょ」や「っ」などは入らない単語でしましょう。
「ん」もはじめのうちは入ってないものがおすすめです。

慣れてきたら文字数を増やしたり「ん」が入っている単語で行います。
 
 
 

練習 ~指でたどる~

 
机の上におはじきを3つ一列に並べます。
おはじきを指さしながら、「あ・い・す」と言います。

音の数に合わせておはじきを指さしていくのです。
字を読むのが好きなお子さんなら、実際の名前を書いて指さしていってもいいでしょう。

慣れたら今度はおはじきを4つや5つにします。
「アイス」という単語のときに、ちゃんと3つで指を止められるようにします。
音の数に合わせて過不足なく指をさせるようにします。

これもはじめは2~3文字の単語で。
小さい「ゃゅょ」や「っ」などは入らない単語でしましょう。
 
 
 

練習 ~音を当てる~

 
音に合わせて指をさせるようになったら、
今度は音を当てていきます。

一つ目のおはじきを指さして、
「ここの音なんだった?」と聞きます。

「アイス」なら「あ」が正解です。

以後、「これは?」と2つ目のおはじきを。
「これは?」と3つ目のおはじきを。
順次きいていきます。

上手にできたら今度は順不同で聞いていきます。
「これは?」と2つ目の音を聞いたりします。

さらに上達したら、今度は
「アイス」の最初の音は?
「アイス」の最後の音は?
というようにおはじきを使わず口頭だけでやりとりできるようにします。

こうしていろんな言葉で自由に音を抜き出せるようになります。
 
 
 

練習 ~音を連想する~

 
充分に音を抜き出せるようになったら、今度は
音から言葉を連想できるようにします。

「『あ』のつく言葉ってなーんだ?」
「『い』のつく言葉ってなーんだ?」
いろいろな音でそれぞれ複数言えたら望ましいです。

しりとりなども良い練習になるでしょう。

-構音

関連記事

カ行の発音練習(1)~練習のための前提条件~

子供の滑舌は自然に上達する場合が多いですが、 中には練習が必要なお子さんもいます。 発音の練習を専門用語で「構音訓練」と言ったりもします。 今回は日本語の音の中で苦手なお子さんをしばしば見られるカ行の …

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(2)~「す」の音、単発の練習~

発音のことを医学的に構音と言います。 発音の練習をすることを専門的には構音訓練と言ったりします。 個人差はありますが、 日本語において「さしすせそ」つまりサ行の音は最も発音が難しい音とされています。 …

「ワンワン」などの幼児語を言わなくなるのは何歳頃か?

小さいお子さんの「ワンワン」「ブーブー」といった幼児語はかわいらしいですよね。 幼児語は何歳くらいで卒業するのでしょうか? 幼児語は一般的に6歳半ば以降からほとんど見られなくなると言われています。 & …

子供の滑舌 「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方

「ありがとうございまちゅ」「じゅーちゅのむ」 「さしすせそ」の音が「たちつてと」や「ちゃちゅちょ」になる。 「サ行」が「タ行」になる発音は幼児の滑舌にはよくあることです。 子供の滑舌というものはある程 …

機能性構音障害とは?

構音とは医学的な用語です。発音とほぼ同じ意味と捉えてもらえばいいでしょう。 構音が障害されている。 つまり発音がうまくできない状態を構音障害と言います。 発音がなぜできないのでしょう? 理由はいろいろ …