Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

構音

【構音の正常発達】カ行・サ行・ラ行、何歳で言える?

投稿日:2018-07-26 更新日: 2018-07-26

 
 

 
 
 

1. 構音とは?

発音のことを医学的に「構音(こうおん)」と言います。

日本語の構音はおおむね幼児期に完成します。
つまり小学校に入学する前までには日本語の発音がほぼできているわけです。

しかしながら、
構音はある時期に一気にできるようになるものではありません。

構音の完成はその音によって時期が異なります。
つまり音によって難しさが異なるわけです。

今日はそれぞれの音が何歳頃に言えるようになるのか見ていきます。
 
 
 

2. 構音の完成時期

歯学博士である湧井豊氏の著書を参考に、構音の完成時期を考えます。

3歳頃までにほぼ言えるようになる音

・タ行、ダ行
・ナ行

 
 

3歳頃に出始める音

・ヤ行
・マ行
・バ行、パ行
・カ行、ガ行

・「にゃ・にゅ・にょ」
・「ちゃ・ちゅ・ちょ」
・「じゃ・じゅ・じょ」
・「みゃ・みゅ・みょ」
・「びゃ・びゅ・びょ」
・「ぴゃ・ぴゅ・ぴょ」
・「わ」

 
 

3歳~3歳5カ月頃に出始める音

・「きゃ・きゅ・きょ」
・「ぎゃ・ぎゅ・ぎょ」
・「ひ」

 
 

3歳6カ月~3歳11カ月頃に出始める音

・ハ行
・「し」
・「しゃ・しゅ・しょ」

 
 

4歳~4歳6カ月頃に出始める音

・サ行、ザ行
・「つ」
・「ひゃ・ひゅ・ひょ」

 
 

4歳6カ月以降に出始める音

・ラ行
 
 
 

3. 構音の傾向

人は生まれてから1歳頃になると単語を話し始めます。
そして2歳頃には「まんま たべる」などの2語文を言えるようになってきます。

生まれたばかりの赤ん坊は声を元気に出します。
そして次第に「あいうえお」、つまり母音を発音できるようになっていきます。

その後、上記のように段階的に音のレパートリーが増えていきます。
 
 
傾向として、サ行の音やラ行の音は難しい音です。

また、同じサ行であっても、
「し」と比べて「さ・す・せ・そ」は難しい傾向があります。

一方で、同じタ行であっても、
「つ」は「た・ち・て・と」より難しい傾向。
 
 
このように、同じ行であっても一概に難易度が同じかと言えばそうでもないわけです。
 
 
 

4. おわりに

先述の通り、日本語の構音はおおむね幼児期に完成します。

しかし、滑舌の不器用さや口腔形成に問題があると、適齢期になっても構音が難しい場合があります。

その場合は医療機関などで発音練習を適宜行ったほうが望ましいです。

発音練習のことを構音訓練と言い、これは言葉のリハビリの分野に該当します。

適齢期を過ぎてもお子さんの構音が難しい場合は、医療機関に相談に行ってもいいかもしれません。
 
 
 

5. その他の記事

構音障害における構音の誤りや異常構音まとめ

構音訓練の代表的な手技5選

音韻意識とは?
 
 
 

6. 参考資料

湧井 豊『構音障害の指導技法 音の出し方とそのプログラム』学苑社、2013年

-構音

関連記事

子供の滑舌 「さしすせそ」(サ行)の発音の仕方

「ありがとうございまちゅ」「じゅーちゅのむ」 「さしすせそ」の音が「たちつてと」や「ちゃちゅちょ」になる。 「サ行」が「タ行」になる発音は幼児の滑舌にはよくあることです。 子供の滑舌というものはある程 …

鼻咽腔構音とは?

鼻咽腔構音とは構音障害における異常構音のひとつです。 異常構音は「置換」や「歪み」といった正しい構音を阻害する要因につながります。 関連記事:機能性構音障害とは?     &nbs …

発声発語器官の名称 ~人はどうやって声を出すのか?~

    【目次】 ・人はどうやって声を出すのか? ・発声発語器官の名称 ・まとめ~人はどうやって発音するのか?~ ・その他の記事       人はどう …

「ワンワン」などの幼児語を言わなくなるのは何歳頃か?

小さいお子さんの「ワンワン」「ブーブー」といった幼児語はかわいらしいですよね。 幼児語は何歳くらいで卒業するのでしょうか? 幼児語は一般的に6歳半ば以降からほとんど見られなくなると言われています。 & …

音韻意識とは?

音韻意識とは「音韻」を「意識できる」能力です。 音韻とは、その言語において同じように聞こえる音です。 「あ」と「い」は違う音ですね。こういう能力です。 「その言語において」とあるのは、音の認識は言語に …