Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

検査 構音

【検査】構音検査とは?

投稿日:2017-11-29 更新日: 2017-12-09

構音とは「発音」や「滑舌」の医学用語にあたります。

発音を改善することは医療的にはリハビリに該当します。
特に発音が苦手なお子さんは構音の練習、つまり構音訓練を行うことがしばしばあります。

補足記事:子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?

練習をする上で、現状把握は大切です。
今日は構音検査についてです。
 
 
 

構音検査

 
構音検査の方法はいろいろありますが、最も一般的なのが日本聴能力言語士協会・日本音声言語医学会が作成した構音検査に則って行う方法です。

上記の構音検査は6つの検査内容に分かれており、これらを総合して対象の方の発音状況を把握していきます。

以下、6つの検査内容を見ていきます。
 
 
 

①自由会話(フリートーク)

 
特に話題の指定はありません。
文字通りフリートークをします。

あまり質問口調にならず、できるだけ自然な会話になるよう留意します。
 
 
 

②単語検査

 
カードに書いてある絵の名前を声に出して言ってもらいます。
絵は動物であったり物であったりさまざまです。
50個ほどあります。

基本は自分で考えて言ってもらいます。
どうしても絵の名前がわからないときだけ、復唱するかたちで言ってもらいます。

自由会話と異なり、
単語検査はこちらが指定した言葉を言ってもらうので苦手な音が露呈します。
 
 
 

③音節復唱検査

 
音節復唱検査は1文字ずつ復唱してもらう検査です。
「あ」と言ったあとに同じように「あ」と言ってもらいます。

厳密には「きゃ」なども言ってもらうので1文字というと語弊がありますが。

いずれにせよ、単語などまとまりではなく1つ1つの音の確認していくのが音節復唱検査です。

単語では言えてなくても音節復唱では言える場合があるので、その違いに着目します。
 
 
 

④被刺激性検査

 
先ほどの音節復唱検査で言えなかった音を、再度提示し言ってもらう段階です。
検査者の口の動きを見せたり発音の仕方を一旦教えたあとでどう変化するかも見ていきます。

口で説明する。口元を見せる。
これらは発音を行うための刺激です。
被刺激性とは刺激を与えて変化するかということです。

要するに、
被刺激性検査とは気をつけさせたり教えたりしてその子の発音に変化があるのか、何をしても言えないものは言えないのかを見る検査です。
 
 
 

⑤文章検査

 
文章検査は文章を復唱してもらいます。

単語よりも文章になるほうが発音は難しい。
単語検査で言えても文章検査で言えない音がないかに着目します。
 
 
 

⑥構音類似運動検査

 
例えば「パ」という音は上下の唇を一旦閉じなければ出せない音です。
つまり「パ」を言えるためには前提として口唇を閉じる口腔機能が備わっていなければなりません。

発音に必要な口の動きが備わっているかを見るのが構音類似運動検査です。

音節復唱検査や被刺激性検査でも音が出せなかった場合に行うことが多いです。
 
 
 

まとめ

 
以上の6つが構音検査の内容になります。

構音検査によって把握しないといけないポイントはいろいろありますが、大きくは2つです。
・どの音を誤っているのか
・誤りに一貫性があるのかないのか

一貫性とは要するに、
いつもその音を間違うのか、間違うときできるときがあるのかということです。

「すいか」の「す」は言えるのに「アイス」の「ス」は「ちゅ」になる場合は「誤りの一貫性がない」と評価します。

当然、正しい音を少しでも出せている方が、上達の可能性は高いわけです。
 
 
 
その他の記事
 
「さしすせそ」(サ行)の発音練習(1)

構音障害における構音の誤りや異常構音まとめ

構音訓練の代表的な手技5選
 
 
 
 
 
 
【参考文献】
本間慎治『改訂 機能性構音障害』建帛社、2007年

-検査, 構音

関連記事

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(6)~「し」の練習~

子供の発音練習についてです。 発音練習のことを医学的には構音訓練と言ったりします。 前回までで「さ・す・せ・そ」の音をマスターしました。 前回の記事:「さしすせそ」(サ行)の発音練習(5) 今回は「し …

津守式乳幼児精神発達質問紙とは?

津守式乳幼児精神発達質問紙は子供の発達を見ることができる質問紙です。 乳幼児精神発達質問紙(津守式)、津守・稲毛式乳幼児精神発達診断など微妙に言い方は変わります。 1961年から順次作成されました。 …

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは?

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは小児における発達検査のひとつです。 九州大学の遠城寺さんが作ったことからこの名前になっています。 1958年に作成され、その後に一度改定されてから現在に至ります。 改定 …

【子供の滑舌】音の意識の練習

子供の滑舌は成長ともに成長していきますが、中には練習が必要な場合もあります。 発音の練習をすることを専門用語では構音訓練と言ったりします。       音の意識 &nbs …

機能性構音障害とは?

構音とは医学的な用語です。発音とほぼ同じ意味と捉えてもらえばいいでしょう。 構音が障害されている。 つまり発音がうまくできない状態を構音障害と言います。 発音がなぜできないのでしょう? 理由はいろいろ …