人間関係の教科書

「靴の選び方」というソーシャルスキル

投稿日:

 
 

 
 
 

靴を履くということ

靴は自分の足を守ってくれる物です。

例えば固い物を踏んだり、物が足に落ちてきたり、そういったときに靴を履いていると怪我を軽減できます。

また、靴を履くことで足が汚れることを防ぐこともできます。

そんな便利な靴ですが、
靴は機能だけでなくおしゃれの側面で選ぶことも多い物です。

多くの人は靴をおしゃれの面も気にした上で選びます。

多くの人は、その人が履いている靴が状況に合っていないと違和感を覚えます。

そのため、
靴の機能面だけでなく、場の状況に合っているかという観点から靴を選ぶことは大切なことです。
 
 
 

場面に応じて靴は履きかえること

靴は大きく分けてフォーマルな靴とカジュアルな靴があります。

フォーマルな靴とは革靴などです。
カジュアルな靴とはスニーカーなどです。

結婚式や学会などかしこまった場ではフォーマルな靴を履くことが多いです。

休日などではカジュアルな靴を履くことが多いです。

仕事で革靴ばかり履くことが多いから、自分の持っている靴は革靴が多い。

だから休日も同じ靴を履いている。という人もいるかもしれません。

それは悪いことではありません。

けれど、
休日も仕事と同じ格好をしていると周囲に違和感を与えるし、おしゃれではないでしょう。

場面に応じて靴は履きかえるのが好ましいです。
 
 
 

おしゃれな靴の選び方

おしゃれは靴だけでするものではなく、服装全体とのバランスです。

何をもって「おしゃれ」とするのか。

これは難しい問題です。
人によって何を「おしゃれ」と感じるかは違うからです。

けれど強いて挙げれば、
「場面に合った格好をする」という行為はおおむね「おしゃれ」に見えるものです。

また、靴に関しては、
洋服と靴を合わせるとおしゃれです。

よく言われるおしゃれのテクニックが、
ベルトやバッグと同系色の靴を履くという方法。

ベルトやバッグが黒系なら黒系の靴を、茶色系なら茶色系の靴を履くという方法です。
 
 
 

まとめ

人によって何を「おしゃれ」と感じるかは違います。

けれど強いて挙げれば、
「場面に合った格好をする」という行為はおおむね「おしゃれ」に見えるものです。

状況に合った格好をするというのは、1つのコミュニケーションです。

そのため、
靴の機能面だけでなく、場の状況に合っているかという観点から靴を選ぶことは大切なことです。

また、靴の衛生管理も大切です。

足は体の中でも汗をたくさんかく部分です。

可能であれば、
2日続けて同じ靴を履かないようにすると、好ましいです。

1日靴を履いたら、次の日は別の靴を履く。
そうすることで靴は1日休めるので、その間に吸った汗を外に出すことができます。
 
 
 

その他の記事

【教訓】休日は、何をしたらいいのか?

【教訓】世の中には、人を傷つける人がいる。

友人の家に食事に行くときのマナー

【教訓】みんなでポテトチップスを食べるとき

-人間関係の教科書