Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

会話術

空気が読めない人は、笑いをとろうとせず、聞き手になるくらいがちょうどいい

投稿日:

空気が読めない人は、笑いをとろうとせず、聞き手になるくらいがちょうどいいです。

コミュニケーションをうまくとる、会話が弾むとは
必ずしも面白い話をするというわけではありません。

相手が楽しく話し、その話を「相手が聞いてくれた」と実感できるとき、相手はあなたともっとコミュニケーションをとりたいと思います。
 
 
 

笑いをとるということ

 
会話が楽しい雰囲気になればそれに越したことはありません。
会話の場に笑いがあると、コミュニケーションがうまくいっている気がします。

けれど本来、笑いをとるということはなかなか難しい。

あなたが見る相手の笑いは、もしかしたら愛想笑いかもしれません。

本当におもしろくて笑うような会話は楽しいです。
けれど愛想笑いをしないといけない相手とのコミュニケーションって退屈ですしめんどくさいです。

笑いをとるということは、常に愛想笑いをさせてしまうリスクを抱えます。
 
 
 

会話が弾む≠おもしろい話


相手とうまくコミュニケーションをとること、会話が弾むことは必ずしもあなたが話して笑いをとることではありません。

あなたはプロのお笑い芸人ではないのです。

プロのお笑い芸人ではないということはどういうことか。
それは相手を「誰が聞いても面白い話」で笑わせなくていいということです。

言葉を巧みにする必要はありません。
おもしろいエピソードをストックする必要もありません。

相手が話す内輪話を聞き、肯定し、共感してあげればいいのです。

関連記事:「話が弾む」とはどういうことか。
 
 
 

内輪話

 
あなたがお笑い芸人なら、誰が聞いても面白い話をしないといけないかもしれません。

けれど目の前の人とコミュニケーションをうまくとりたいなら、
内輪話を上手に聞けるようになりましょう。

相手の、オチのない話を最後まで聞ける。共感できる。

その話はその場でしか通じない話かもしれません。
けれどそれでいいのです。

相手の内輪話を否定せず聞けるというスキルのほうが大切です。
 
 
 

退屈さの中にある地道さ

 
空気が読めない人は、「場を盛り上げよう」「おもしろくしよう」と思いがちです。
そして空回りな言動をしてしまいがちです。

相手の話を聞くこと。
予定調和なリアクションをすること。
普通のことを言うこと。

これらはあなたにとって退屈なことかもしれません。

けれどその地道さの中で、安心感のある場の空気ができることもあります。

淡々と空気を読んでいく。
その積み重ねが信頼につながることもあります。
信頼がある人には、次のコミュニケーションの機会が与えられます。

空気が読めない人は、その場はなんとかおさまっても、次から呼ばれなくなります。
コミュニケーションのチャンスがなくなっていくのです。

関連記事:良い「聞き手」になるために気をつけること

-会話術

関連記事

人の話を聞くときにしてはいけないこと

コミュニケーションは上手く話すより上手く聞くことの方が重要であったりします。 誰しも自分の話を聞いて欲しいからです。 話もただ聞けばよいというものではなく、聞くときに気をつけることというのがあります。 …

人の話をまとめたがる男は聞くのが下手

人から悩みを相談されたり、相手の話を聞いたり。 人とのコミュニケーションでは何を話すかよりどう聞くかが重要な場面が多々あります。 聞き上手はコミュニケーション上手。 聞くときに気をつけることを考えてい …

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたときに相手がどのように受け止めるかを研究したものです。 アルバート・メラビアンという人が実験をし発見しました。     &nbs …

雑談で気をつけること

仕事の話など公的な話より、プライベートな話や雑談のほうが難しいものです。 今日は雑談で気をつけることを考えます。       冗談と悪口は違う   冗談と悪口は …

会話における異性の感じ方の違い。男女間の会話術

男女間での会話術を考えます。 男性と女性では話し方や感じ方が違うもの。 それゆえ異性を意識した会話術というものがあります。       男性にはプロセスを褒めてあげる & …