Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル

今日からできる最低限の「空気の読み方」

投稿日:2017-11-09 更新日: 2018-02-07

「空気を読む」とは相手の心情や場の状況を察して行動するということです。

良好なコミュニケーションを行う上で、空気を読むスキルは欠かせません。

空気の読み方は状況によって様々で一概には言えません。
しかし「空気を読めるようになりたい」と思う人は多いです。

今日は空気の読み方を考えます。
 
 
 

TPOに合った服を着る

 
TPOに合った服装をしましょう。
場違いな服装は、周りが恥ずかしいものです。

結婚式にはスーツ、スポーツをするときにはスポーツウェア、不幸事には喪服など。

そして、あなたの周りにいる人の服装も意識しましょう。
周りに似ているけれど、かぶってはいない服装がベストです。

かっこよくしよう、かわいくしようと、意気込まなくて大丈夫。
場に合った服をするほうが、人間関係はうまくいきます。

服装だけでなく、整容もまた大切です。
容姿端麗ということではなく、身なりを整え清潔でいるよう心がけましょう。

関連記事:清潔かどうかではなく相手が清潔と感じるかどうかが重要
 
 
 

相手の話を聞きく

 
自分の話をしすぎてはいけません。
相手の話を聞きましょう。

話題を突然変えてはいけません。
その場の話題にそって話をします。
ある程度その話題の話が終わったら、次はその話題に関連する別の話題になだらかに移行します。

関連する話題をたどりながら会話が進んでいくのです。
そしてその話題は相手が興味のあるものです。
相手の話の腰を折ってはいけません。

また、場にそぐわないくらい声が大きいと目立ちます。
場にそぐわないくらい声が大きい人といると、人は恥ずかしいものです。
声の大きさは、周りの人と同じくらいにしましょう。
 
 
 

引き際を知る

 
誰かと誰かがプライベートな話をしている。
そこに自分が偶然でくわしてしまった。

場違いなときはできるだけ自然に退室するのが一番です。

その人達はその人達でしかできないプライベートな話をしていました。
あなたが来ることで話題を変えないといけなくなります。

あなたもその話題に入っていきたいとか、そういう心情を出してはいけません。

「引き際を知る」というのが大切です。

関連記事:空気を読むための「足るを知るコミュニケーション」
 
 
 

まとめ

 
「空気を読む」とは状況によりいろいろで、一概に「これをすればOK」というのはありません。

しかし、以下の3つの点に着目することがまずは無難です。

1つは身なりを整えTPOに合った服装をする。

2つ目は相手の興味のある話題の聞き手になる。

3つ目は適度に引き際を知る。しつこくならない。

場に合った格好をできているか。相手の話を聞けているか。しつこくなってないか。このあたりを念頭にしていきましょう。
 
 
 
<その他の記事>

人の話を聞くときにしてはいけないこと

今日のあなたのコミュニケーションはうまくいったか?

コミュ症の処世術「可愛く生きる。ボケ担当でいい」

-その他の社会スキル

関連記事

【小児SST】「待てる」ことの大切さ

発達障害の子供達にとってソーシャルスキルトレーニング(SST)は大切です。 ソーシャルスキルにもいろいろありますが、その中の一つに「待つ」ことがあります。       【 …

アスペにとって「好きにしていいよ」が一番困る

アスペルガー症候群やそのほか発達障害、あるいは人とのコミュニケーションが苦手な人。 そういう人達にとって言葉の裏の意味読みとることはなかなか難しいです。       【な …

【SST】パーソナルスペース

人にはそれぞれ近づかれすぎると違和感を感じる距離というのがあります。 それらはパーソナルスペース(パーソナルエリア)が関係しています。 人は恋人や家族といった親しい人が自分に近い距離にいても違和感を感 …

「八方美人」と「コミュニケーションが上手」の違い

八方美人は人から信用されませんし、場合によっては人から嫌われます。 一方で、誰からも好かれて信用される人というのがいます。 両者の違いはなんでしょう? 八方美人な人と、コミュニケーションが上手な人の違 …

どんなときにどんな気持ちになるのか。感情の例

どんなときにどんな気持ちになるのでしょう。 人がどんな気持ちになるかを推し量ることは大切なコミュニケーションスキルです。 感情を理解し、共感し、相手の気持ちに配慮して接する。 簡単なようで難しいことで …