Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル

空気を読むことに関する教訓7選

投稿日:2017-07-26 更新日: 2017-07-26

人間関係において空気を読むスキルというのは大切です。
今日は「空気を読む」ことについて考えていきます。
 
 
 

誰と誰が仲がいいか、
誰が誰を嫌っているかを考えて会話をする

 
自分と他人だけでなく、他人と他人の人間関係を推し量ることが大切です。

関連記事:誰と誰が仲が良いかを考えるのは人間関係ですごく重要
 
 
 

だらだらと続けず、きりがよいところでさっと終わる

 
会話のやめどき、帰りどき。
終わりをだらだらと引き伸ばしてはいけません。
相手がうんざりするまで続けていはけません。

ピークエンドの法則というものがあります。
人はピークの状況を全体と勘違いして記憶します。

一度盛り上がれば、全体的に盛り上がったと印象に残ります。
すごくつまらない部分があると、そこそこおもしろい部分があっても全体的につまらなかったと思ってしまいます。

ある程度盛り上がったらそこでやめるのです。
もっともっととダラダラ続けていては逆効果です。
 
 
 

相手がどんな気持か、
相手が自分にどんな気持ちになって欲しいのかを推し量る

 
相手の話を聞くときに、相手が何を言っているかではなく、相手がどんな気持ちなのかを考えましょう。

楽しいのか嬉しいのか、怒っているのか悲しんでいるのか。
気楽にしているのか気を遣っているのか。

相手が今どんな感情を持っていて、自分にどんな感情を持ってほしいのか。
相手の感情を共有するのです。

相手が愚痴を言って、一緒に怒りや悲しみを共有してほしいのか。
相手が楽しそうに話して、一緒に笑ったり喜んでほしいのか。

真剣に聞いてほしいのか、聞き流してほしいのか。

言葉ではなく感情を受け取るのです。

関連記事:良い「聞き手」に必須な「7つの相槌」
 
 
 

オーバーリアクションはしない

 
大きすぎる声で笑う。ジェスチャーが過剰。
オーバーリアクションはしなほうが無難です。

声の大きさ、しぐさ、姿勢、身振り手振り。
基本は周囲と似ている程度に抑えましょう。

関連記事:漫画、アニメ、小説、ドラマの言動を現実でやると不自然である。
 
 
 

沈黙は金

 
しゃべることと同じあるいはそれ以上に、聞くことが大切です。

文字通り沈黙は金です。
でもただ黙っていればいいわけじゃありません。

相手の話を最後まで聞いて理解するということです。
そして共感するということです。

 
 
 

その「空気」は誰が作っているのか考える

 
「場の空気」とは言いますが、結局は誰かが輪の中心になっているものです。
極論すれば、「場の空気」は「誰かの空気」なのです。

この場の空気が誰の空気かを察知するのです。
 
 
 

たった1回の空気を乱す行為が、印象に残る

 
あなたが100回空気を読んでも、1回空気を読み間違えば他人には強く印象に残ってしまいます。

信頼は築くのは難しく、壊すのは簡単です。

あなたが「空気が読める人」と評価されれば、いろいろなコミュニケーションの場面で得をするでしょう。
しかし「空気が読める人」と評価を得るには、長い長い積み重ねが必要です。

「空気を読む」ことはコミュニケーションにおいて役に立ちます。
しかしすぐには役に立ちません。継続は力なり。
日々の積み重ねが大事なのです。

-その他の社会スキル

関連記事

無難な大人のためのソーシャルスキル

「無難」いうと場合によっては「特徴がない」といったネガティブな印象を持つ場合もありますが、場に溶け込めるというのは大切な能力です。 必要があればいつでもその場に溶け込めるというのは人とのコミュニケーシ …

LINEを返さないときに既読にすべきか未読にすべきか。~発達障害者向けコミュニケーション方略~

最近は誰かと連絡をとるときにメールではなくLINEを使う人が多いです。 メールもLINEもテキスト(文字)によるコミュニケーションです。 メールとLINEはどちらもテキストベースのコミュニケーションで …

【SST】「本人は気づいていない」ことが最大の問題

SST(ソーシャルスキルトレーニング)は発達障害の方のだけでなく、グレーゾーンの方やコミュニケーションが苦手な方にとっても有効です。 グレーゾーンの方とは、発達障害の程度が微妙で診断に至らないような方 …

老害にならないために身を引く~発達障害者向けコミュニケーション方略~

年齢が近い人との会話というのは楽しいものです。 世代が近いと、共有できる話題も多くて、共感しやすい。 年が離れるほど、一般的に価値観の共有が難しくなります。 世の中の背景が、世代によって違うからです。 …

空気の読み方を勉強しよう~「結婚できない男」で解説~

    【目次】 ・ドラマをソーシャルスキルの教材にしてみる ・第1話「一人が好きで悪いか!!」 ・第2話「好きなものを食って悪いか!!」 ・第3話「好きにお金を使って悪いか!!」 …