Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

育児・教育コラム

今日あったことを子供と話そう。それが子供の発達を促す。

投稿日:2018-04-25 更新日: 2018-04-25

日頃の親子の会話から、子供の成長がわかることもあります。
今日あったことを話す習慣は、子供の言語発達を促します。
 
 

 
 
 

今日あったことを話そう

子供は生まれたばかりの頃、伝えるのは「今この瞬間」のことばかりです。
「(今)お腹が空いた」「(今)眠い」といた具合です。

これが3~4歳頃になってくると変化が見られます。
3~4歳頃には過去の出来事について話すことができるようになってきます。

すでにあったことを話すことは、ある程度の能力が必要です。
過去のことを覚えておく記憶力。相手にわかるように伝える文章力。

普段から「昨日したこと」や「今日あったこと」を話すことは、子供の言葉の力を促します。
 
 
 

出来事を話せるのは4歳頃

子供の発達に関する検査の1つに、KIDS乳幼児発達スケールというものがあります。

KIDSによると、
昨日の出来事を話すことができるのはおよそ4歳3カ月相当の言語能力です。

また、類似した資料で津守式乳幼児精神発達質問紙によると、
見聞きしたことを親に話すような言動は3歳6カ月頃。
すでに経験したことを友達に話すような言動は4歳頃に見られるとされています。

このように、4歳前後で今日や昨日のことを一緒に話すことは有意義であることがわかります。
 
 
 

複数の事を文章で言える

出来事を話す上で、どんな表現ができるかも重要です。

例えば「昨日は何してたの?」という質問に対して、
「サッカー」と単語で答えるパターン
「公園でサッカーをした」と文章で答えるパターン
「公園でサッカーをして、家に帰ってからはテレビを観た」と複数の事を言えるパターン

認知・言語促進プログラムの課題によると、
過去の出来事を多語文で複数言えるのは4~5歳相当だそうです。

つまり先ほどの例だと「公園でサッカーをして、家に帰ってからはテレビを観た」といった表現ができるのは4~5歳相当であることがわかります。
 
 
 

まとめ

子供は成長に従って「今この瞬間」の話題から、「すでにあった出来事」の話題を話すことができるようになります。

「すでにあった出来事」の話題を話すことができるのは4歳前後くらいからです。

さらに、5歳頃には「すでにあった出来事」を複数・文章で伝えることができるようになってきます。

これらは幼稚園・保育園で勉強するというより、家庭も含めた日々の会話の習慣が重要です。

普段の何気ない会話を大切にすることが、子供の言葉の発達を促します。
 
 
 

その他の記事

【小児発達】幼児期(0~6歳)の話し言葉の発達

【Q&A】子供は何歳くらいで会話ができるようになりますか?

【Q&A】「ぼく」「わたし」と言うのは何歳頃ですか?

-育児・教育コラム

関連記事

【屋外編】ブランコ3歳、かけっこ4歳。いろんな遊びの適齢期

赤ちゃん・子供は成長に従っていろいろな遊びができるようになっていきます。 基本的に、親は子供の遊び方にとやかく言う必要はありません。 子供は成長の中で、自然と自らいろいろな遊びに挑戦していくものです。 …

普通の3歳児ってどんな感じ?

子供には個性があって、子供の発達も十人十色です。 けれど周りの子と、自分の子を比べてしまうのは、それだけ子育てに一生懸命だからでしょう。 「全てにおいて平均的」という人はいません。 だから「普通」にと …

健診の問題は勉強していなくても解けるのか?

子供のできることや成長を見る機会として、1歳半健診や3歳児健診があると思います。 いずれにおいても身体の健診だけでなく、物の名前を聞いたり質問に答えてもらうような内容があると思います。 1歳半健診や3 …

2歳児の会話ってどんな感じ?~言語発達学より~

2歳児って、どんなことを話すのでしょう? 2歳児の会話の特徴を考えます。     【目次】 1. 2歳児の会話ってどんな感じ? 2. 会話の質 3. 2歳児の会話の特徴 4. まと …

小学校入学時は勉強よりむしろ生活面が大事。という話

保育園や幼稚園の年長さんは、小学校入学前の最後の1年になります。 小学校入学に向けて、年長さんのうちにどんなことに取り組んだらいいのでしょう?どんなことができたほうがいいのでしょう?   & …