Q&A 育児・教育コラム

子供が今日は何月何日かわかるのは何歳か?

投稿日:

今日は何月何日か。子供がわかるのは何歳頃でしょうか?
 
 

 
 
 

今日の日付がわかるのは何歳?

子供の成長・発達を知る目安としてKIDS乳幼児発達スケールというものがあります。

補足記事:【検査】KIDS乳幼児発達スケールとは?

KIDSには言葉や運動、生活面など様々な分野の何が何歳相当の課題なのかが記載されています。

KIDSによると、
何月何日かわかるのは6歳1カ月相当であることが記されています。

今日の日付がわかるのは6歳前後、つまり保育園・幼稚園の年長さん前後であることがわかります。
 
 
 

数字が読めるのは何歳?

今日の日付がわかるには、背景としてどんな能力が必要でしょう?

まずは思い浮かぶのが数字ですね。
数字を読めなければ今日が何月何日か理解するのは厳しいでしょう。

数字を読めるのはおおむね5~6歳頃。
この頃になると数字が読めて、また数字の順番もわかってきます。

数字の順番がわかるとは、
例えば1,2,3,4,5,6,7,8,9のカードがあったらこれらを順番に並べることができるということです。
 
 
 

時間軸や時系列といった感覚は何歳?

今日の日付がわかるためには、数字を単に読めるだけでは不十分でしょう。

今は今日であり、昨日・明日がある。
こういった自分が今いる瞬間が連続的な日々の中の1つであることを理解する必要があります。

つまり時間軸や時系列といった感覚が必要なわけです。
ちょっと抽象的な概念ですね。

KIDS同様、子供の発達を知る目安に津守式乳幼児精神発達質問紙というものがあります。

補足記事:津守式乳幼児精神発達質問紙とは?

津守式によると、その日の行き当たりばったりで遊ぶのではなく、昨日の続きから遊びはじめる様子は4歳6カ月頃から見られ始めるそうです。

また、今日の曜日がわかるのは6歳頃とも記載されています。

以上を踏まえると、5~6歳前後には今この瞬間が時間軸の一点である感覚が備わっていることが予想されます。
 
 
 

まとめ

以上のことからまとめです。

今日の日付がわかるのは何歳頃でしょう?

個人差当然あるでしょうが、
今日が何月何日かわかるのはおおむね6歳頃です。

5~6歳頃というのは抽象的な概念も目に見えるスキルも著しく発達する時期です。

抽象的な概念とは例えば日付や曜日。
そういった時間軸の概念が身についてきます。

目に見えるスキルとは例えば読み書き。
5~6歳頃には数字を理解し読んだり書いたりできるようになってきます。

このように、今日が何月何日かわかる背景にはいろいろな発達が土台となっています。

最後になりますが、子供の発達は個人差があり、安易に比較しても建設的ではありません。

あくまで参考程度になれば幸いです。
 
 
 

その他の記事

今日は何曜日かわかるのは何歳か?~小児発達学より~

子供はお箸を何歳から使えるようになるのか?

でんぐり返しは何歳からできるようになるのか?

「いただきます」や「ごちそうさま」は何歳で言えるようになるのか?

-Q&A, 育児・教育コラム