人間関係の教科書

【教訓】毎日お風呂に入る

投稿日:2018-08-07 更新日: 2018-08-07

 
 

 
 
 

1. 毎日お風呂に入る

普通、人は毎日お風呂に入ります。

昔の時代は、毎日お風呂に入らないことも珍しくありませんでした。

家にお風呂がなかったからです。
そういった時代は、みんな銭湯に行っていました。

今の時代は違います。

多くの家には、当たり前のようにお風呂があります。

多くの人が、家にいるとき、自分の好きなタイミングでお風呂に入ることができます。

だから多くの人が、毎日お風呂に入っています。
 
 
 

2. 清潔は気持ちいい

「お風呂に入る」ということは、「湯船につかる」ということを指すだけの言葉ではありません。

「シャワーを浴びて体を洗う」ことも、ある意味で「お風呂に入る」ことです。

「お風呂に入る」とは、一般的に、「浴室で体を清潔にする」ことを指します。

「毎日お風呂に入る」ということは、毎日体を清潔に保つということです。

清潔さが保たれると、気持ちがいいものです。
 
 
 

3. 私が感じる清潔さと、他人が感じる清潔さ

毎日お風呂に入らなくても、自分は気にならないことがあります。

けれど、私が感じる清潔さと、他人が感じる清潔さは同じとは限りません。

自分が清潔だと、気持ちがいいものです。
それと同時に、相手が清潔だと自分も気持ちがいいものです。

だから自分が清潔でいることは、相手を気持ちよくすることにもつながるかもしれません。

一般的に、「毎日お風呂に入る」ことは、清潔さにつながります。

だから毎日お風呂に入って、清潔さを保つことは、周りの人との関係にも良い影響を与えます。
 
 
 

4. お風呂の、清潔にする以外に大切なこと

毎日お風呂に入ることは、清潔さを保つだけでなく、自分の心を保つことにもつながります。

毎日お風呂に入ると、お風呂に入る習慣がつきます。
習慣がつくと、その習慣が生活のリズムを作ります。

生活のリズムがあると、人は過ごしやすいものです。

また、体を清潔にすると気持ちがいいです。
清潔さで気持ちがいいと、心がすっきりします。

湯船につかると、ほっとします。
温かいお風呂は、リラックスできるものです。

お風呂は、1日の終わりに入ることが多いです。

1日の終わりとは、学校が終わって家に帰ってきたり、仕事が終わって家に帰ってきたり、夜寝る前だったりします。

何をもって「1日の終わり」とするかは人それぞれです。

いずれにせよ、お風呂に入ってほっとして、すっきりして、1日を終えて、明日を元気に迎える。

それが毎日の幸せにつながります。
 
 
 

5. その他の記事

【教訓】月曜日が憂鬱なとき

【教訓】仕事に行くときに体調が悪くなるなら

【教訓】笑顔でいることって?

-人間関係の教科書