Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

会話術

メラビアンの法則とは?

投稿日:2017-08-08 更新日: 2017-10-23

メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたときに相手がどのように受け止めるかを研究したものです。

アルバート・メラビアンという人が実験をし発見しました。
 
 
 

メラビアンの法則

 
矛盾したメッセージを受け取った際、人はその情報源によって偏りのある認識をします。

メラビアンによるとその割合は、
・身振りや表情といった視覚情報:55%
・声の大きさやリズムといった聴覚情報:38%
・話した言葉の内容自体という言語情報:7%

となっています。

矛盾したメッセージとは、例えば
笑いながら「バカだなあ~」と言うなどです。

笑いながら「バカだなあ~」というメッセージは、
「冗談で言っている」と「本当に馬鹿にしている」という2つの矛盾した解釈が考えられます。

メラビアンの法則によると視覚情報のほうが言語情報より割合が多く、優先されがちです。
ですのでこの場合「笑いながら」という視覚情報のほうが「バカだなあ~」という言語情報よりも優先されがちです。

ですので「笑いながら『バカだなあ~』」というメッセージは「冗談で言っている好意的な言葉」と多くの人がとらえます。
 
 
 

メラビアンの法則からわかること

 
自分の気持ちを正確に伝えるためには、視覚情報・聴覚情報・言語情報を一致させることが効果的です。

また、自分が矛盾したメッセージを発した場合、相手は視覚>聴覚>言語の順で受け取りがちであることを自覚しましょう。

さらに自分が相手から矛盾したメッセージを受け取り、その意図を考えるときは相手の非言語面(ノンバーバル)に着目することが有効です。
 
 
 

メラビアンの法則を活かす

 
人はコミュニケーションにおいて、「自分が何を話すべきか」「相手が何を話したか」という言語情報に意識が向きがちです。

しかし実際は相手の非言語(ノンバーバル)面により注意を向けるべきです。

「いいですよ」と言いつつも相手が嫌な「表情」をしていないか。

「大丈夫ですよ」と言いつつもその「声が沈んで」いないか。

ノンバーバル面にも意識を向けることは相手の本心を読みとる手助けとなります。

相手の本心を読みとれることは、相互的なコミュニケーションの手助けになります。
 
 
また、相手もまたあなたのノンバーバル面を見てることを自覚しましょう。

どんな言葉を重ねても、表情が伴ってなければ信頼されません。
「口から出まかせ」は通じないのです。

自分の発する視覚・聴覚・言語情報が今どのようになっているかに意識を向けましょう。
 
 
 
関連記事:今日のあなたのコミュニケーションはうまくいったか?

-会話術

関連記事

【会話術】相手に「話しやすい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?

会話術です。 よく「話し手」「聞き手」という役割から人とのコミュニケーションを考える方法があります。 一般には「上手い話し手」であるより「良い聞き手」であることがコミュニケーションを上手くとる秘訣であ …

その一言が、相手を怒らせる

相手の心情を察したり、場の状況を把握したり、 つまり空気を読むということはコミュニケーションにおいてすごく重要です。 「空気を読む」と言うと、場合によっては「消極的」とか「八方美人」とか良くないイメー …

相手の斜め45度に座る。安心感を与える会話術。

人と会話をするとき、より良いコミュニケーションを図るとき、大切になる一つの要素が安心感です。 相手に安心感を与えることがとても重要です。 相手が安心して話せる雰囲気を作り、あなたが共感しながら話を聞く …

真似るは学ぶ。聞き上手が実践している模倣術

会話上手は聞き上手。 会話はおもしろい話をするよりも、相手の話を上手く聞くほうが弾みますし、結果としてあなたと相手のコミュニケーションは上手くいきます。 相手の話を上手に聞く上で大切なのはいかに相手を …

【会話術】良い「聞き手」になるために気をつけること

会話には「話し手」と「聞き手」があります。 会話を上手くしよう、コミュニケーションをうまくとろうと思ったとき、何を話すかを考えがちです。 しかし実際コミュニケーションをうまくとろうと思ったら良い話し手 …